最新の記事

Swift(iPhone)

swift

最近になったふたたびXcodeに触れる機会ができました。ちょっとしたアプリを作る際に通知機能を付けたくて、でもサーバーがまだ無いのでローカル通知を実装することにしました。

単純なアラームくらいだったら結構簡単に作れちゃうんですね。使い方をまとめてみました。

Swift(iPhone)

swift

Swiftが3.0になってから初めてのアプリ作成としてお天気アプリを作り始めました。

前回はJSONで出力される天気予報データをテーブルビューに表示させましたが、今回で最終回。残りのデータを表示して完成させます。

前回の記事は以下になります。

【Swift】お天気アプリを作る(1)JSON形式の気象予報データを取得しよう

【Swift】お天気アプリを作る(2)気象予報データをテーブルビューで表示しよう

Swift(iPhone)

swift

Swiftが3.0になってから初めてのアプリ作成を開始しました。今回のテーマはお天気アプリ。

前回はJSONで出力される天気予報データの取得までを作ったので、今度はデータをUITableViewを使って表示します。

前回の記事は以下になります。

【Swift】お天気アプリを作る(1)JSON形式の気象予報データを取得しよう

Swift(iPhone)

swift

Swiftが3.0になってから全く触れていなかったので、もう一度簡単なアプリを作りながら勉強してみようと思います。

今回のテーマはお天気アプリ。データの取得から表示まで、一通りできるところまでを目指していきます。ライブラリなどは使うと便利だけど使えるまでが初心者には大変なので使いません。

サンプルは記事の最後にあります。

Swift(iPhone)

dev電子書籍やフォトアルバムみたいにスワイプしてページをめくるような機能ってどうやるんだろう?とふと思い立って、コレクションビューを使って簡単に作ってみました。今回はその方法のご紹介です。

Swift(iPhone)

iphoneアプリのデータを保存するときに使用されるCoreData。前回はCoreDataデータを扱うための基本部分を取り上げましたが、巷ではMagicalRecordというライブラリを使った方が便利だと言われています。

今回はそのCocoaPodsを使ったMagicalRecordのインストールと、簡単なデータの登録・読み出し・削除の方法を試してみます。

Swift(iPhone)

iphone

使いこなせればグンと開発の幅が広がりそうだけど、なんだか理解しにくいのがCoreData。データをアプリ側で保存して、ユーザー設定や次回のアプリ起動時まで残しておきたい情報をまとめて登録してくれる優れものなんですが、どうも面倒臭い。今回は簡単な組み込み方を学びながら、お手軽メモを作成してみたいと思います。

ベースは結構前に作ってあったのですが、Swift2.0仕様に直してたら時間を取られてしまいました。

Swift(iPhone)

iOS app

 

はじめに

Swiftでコレクションビューを使う方法の基礎を最近覚えましたが、まだモノにできていない感じがしたので、引き続き勉強してみました。今回は画面のサイズに合わせて自動的にセルのサイズも変更して、常に3列表示できるようにしたいと思います。前回の分と合わせて、ようやくそれなりに使えるようになるのではないでしょうか。

 

こちらで作成したサンプルの続きになります。まだお読みになっていないからはこちらを先にご覧ください。

Collection Viewの基礎を学んでみた【Swift低空飛行ガイド】

Swift(iPhone)

dev

はじめに

Swiftで何かのコンテンツをリスト表示するときにテーブルビューを使うことが多いと思いますが、もっとオシャレなデザインにしたいとか、タイル貼りのような2列、3列の配置にしたい場合はコレクションビューを使う手もあります。

しかし、テーブルビューに比べて少し敷居が高く、動くようになるまでが意外と難しかったので、基本的な使い方をメモしておこうと思います。

本記事の作成にあたり、以下のサイトを参考にさせて頂きました。

SwiftでUICollectionViewをとりあえず表示させてみる(開発メモさん)

Swift(iPhone)

f_f_business_31_s128_f_business_31_2bg

はじめに

 

iPhone用のアプリで表示される画像データは、ロゴのようにいつも同じものを使う場合であれば先にアプリ内に登録しておけばすぐに取り出して使うことができます。しかし、ニュースの記事に使われる画像のようにコロコロを変わるものであれば予め登録できないので、インターネット上にあるデータを取ってきて画面に表示するようにしなければなりません。

その時のやり方をいつも忘れてしまうので、今回は自分用のメモ的な意味合いも込めてurlで指定した画像をアプリ内で表示するための方法をご紹介します。