最新の記事

世界ラリー選手権(WRC)

Photo by Alex Talmon on Unsplash

WRC(世界ラリー選手権)第4戦ツール・ド・コルスが、3月28日からフランス領コルシカ島で開催されました。今回印象に残ったのはやっぱり最終ステージで起こった驚きのアクシデント。

それを見ていて感じたのは、どうしてラリーが好きなんだろう、どうしてモータースポーツが好きなんだろうっていう問いかけへの答えでした。

世界ラリー選手権(WRC)

Photo by Patrick Hendry on Unsplash

WRC(世界ラリー選手権)第3戦ラリー・メキシコが3月7日から開催されました。シーズン初のグラベル(未舗装路)ラリーはほぼ全てのマシンにトラブルが起こる過酷なレースになりました。

あんまり時間なかったので、残念ながらリタイアになってしまった2台に注目した感想を書いていきます。

世界ラリー選手権(WRC)

WRC
Photo by Peter Besser on Unsplash

WRC(世界ラリー選手権)第2戦目となるラリー・スウェーデンが2月14日から開催されました。シーズン唯一のスノーラリーは、モンテカルロとはひと味違う波乱の展開に。

今回も妄想をたっぷりと込めて振り返ってみます。そこには2019年のチャンピオンを狙うドライバーたちの思惑が見え隠れしているように感じられました。

世界ラリー選手権(WRC)

ラリー・モンテカルロ

ついに開幕の日を迎えたWRC(世界ラリー選手権)2019年シーズン。初戦となったラリー・モンテカルロは16ステージ323.83kmを走破してわずか2.2秒差で勝者が決定した歴史に残る名勝負。

1年を通じて最も予測不可能と呼ばれるレースの中には、様々な思いが渦巻いていました。

世界ラリー選手権(WRC)

ラリー・オーストラリア    

激動のWRC2018年を空撮映像で振り返るこの企画、前編に続いて後編に入っていきます。一年間を通して見てみると、各イベントの個性が見えてきますね。

それでは前半戦に続いて後半戦のスタートです!

世界ラリー選手権(WRC)

ラリー・オーストラリア

数々の名勝負を生み出した2018年のWRCは、セバスチャン・オジエの6連覇、そしてトヨタ・ガズー・レーシングがデビュー2年目でマニファクチャラーズタイトルを勝ち取る偉業を達成しました。

そんな激動のシーズンを、ドローンとヘリのテクニックを駆使して撮影された空撮映像と共に振り返ってみたいと思います。

世界ラリー選手権(WRC)

ラリー・オーストラリア

ジャンプ、ウォータースプラッシュ、レース後半には強い雨。27台のエントリーのうち最後まで完走できたのは15台、優勝争いの混沌と大荒れの天気がもたらしたのは、思いもよらないプレゼントでした。

世界ラリー選手権(WRC)

ラリー・スペイン

WRC第12戦ラリー・スペイン。シーズン唯一のグラベル、ターマックのミックスステージは、次から次へと首位が入れ替わる大激戦。応援しているドライバーが好走しても、いつ何が起こるかわからないので全然落ち着かないレースでもありました。

で、最後に頂点に立ったのは、まさかの!!!

世界ラリー選手権(WRC)

ラリーGB

トヨタが3連勝と波に乗り、迎えた伝統のラリー・GB。いつだって悪天候、ぬかるむ路面に足をとられ観客にも大変なラリー。なのに多くの人達が毎年詰めかけて「こうじゃなければラリー・GBじゃない」という長年愛されている場所。

しかし、走る方には全然甘くない地獄みたいなレースでした。

世界ラリー選手権(WRC)

ラリー・トルコ

まんべんなくまぶしたココアパウダーの上には贅沢に敷き詰められたクラッシュアーモンド。スイーツだったら最高のシチュエーションだけど、これはラリーコースです。

そして、走る方には全然甘くない地獄みたいなレースでした。