最新の記事

フォーミュラE選手権(Formula E)

2019年1月26日(土)にフォーミュラE シーズン5(2018/2019)サンティアゴE-Prixが開催されました。 場所はチリの首都サンティエゴ、チリで2番目に大きい公園パルケオヒギンスを周回する特設サーキット。

すっかり当たり前になってしまった超接近戦に今回も熱くなりました。

モータースポーツ

インテグラゴスサーキットターン1

今年もすでにモータースポーツが熱くなってきています。WRCやFormula Eは一足先に開催が始まり、F1はチームからのアナウンスをドキドキしながら待ち望む時期になってきました。

普段からチェックしているカテゴリのレーススケジュールは普段持ち歩いている紙の手帳には書き込んであるんですが、Googleカレンダーにも登録できるようにしてみようと思って作成しました。

他の人が使えるようにできるみたいなので公開します。おかしなところなどあれば修正しますので教えてくださいね。

世界ラリー選手権(WRC)

ラリー・モンテカルロ

ついに開幕の日を迎えたWRC(世界ラリー選手権)2019年シーズン。初戦となったラリー・モンテカルロは16ステージ323.83kmを走破してわずか2.2秒差で勝者が決定した歴史に残る名勝負。

1年を通じて最も予測不可能と呼ばれるレースの中には、様々な思いが渦巻いていました。

フォーミュラE選手権(Formula E)

マラケシュePrix
FIA Formula E

2019年1月12日(土)にフォーミュラE シーズン5(2018/2019)マラケシュePrixが開催されました。 北アフリカのモロッコにある都市、「神の国」を意味するマラケシュで行われた第2戦は、最後の1秒まで誰が勝つのかわからない超接近戦!

どうやら今シーズンも最後まで大いに楽しめそうです。

世界ラリー選手権(WRC)

ラリー・オーストラリア    

激動のWRC2018年を空撮映像で振り返るこの企画、前編に続いて後編に入っていきます。一年間を通して見てみると、各イベントの個性が見えてきますね。

それでは前半戦に続いて後半戦のスタートです!

世界ラリー選手権(WRC)

ラリー・オーストラリア

数々の名勝負を生み出した2018年のWRCは、セバスチャン・オジエの6連覇、そしてトヨタ・ガズー・レーシングがデビュー2年目でマニファクチャラーズタイトルを勝ち取る偉業を達成しました。

そんな激動のシーズンを、ドローンとヘリのテクニックを駆使して撮影された空撮映像と共に振り返ってみたいと思います。

フォーミュラE選手権(Formula E)

フォーミュラEサウジアラビアePrix

2018年12月15日、5シーズン目を迎えたフォーミュラEの2018/2019シーズンがついに開幕しました。有名メーカーの本格参戦、レギュレーションの大幅な変更、そして何よりもニューデザインで生まれ変わったオープンホイールのエレクトリックマシンの強烈なインパクトとで注目を集める新世代のモータースポーツ。

しかし、そこから感じれれたのは古き良き時代の温もりでした。

フォーミュラE選手権(Formula E)

フォーミュラE

いよいよ次世代の開幕を迎えるフォーミュラE、第5シーズン。誕生の瞬間から付きまとう否定的な意見を跳ね返し、化石燃料から代替エネルギーへの移行を模索する時代の追い風を受け、黎明期からさらなる飛躍の年を迎えました。

その前に、シーズン最終戦、そして今のフォーミュラEを象徴するレースとなった第11戦、第12戦ニューヨークePrixを振り返ってみたいと思います。

世界ラリークロス選手権(WorldRX)

世界ラリークロス選手権最終戦南アフリカ

不確かな未来。それは人間の人生だけに限らず、モータースポーツの行く先にしても同じこと。それでも目指す先に勝利がある限り、ドライバーたちはゴールを目指して走り続ける。0 – 100mの加速はF1をも凌ぐモンスターマシンたちの栄光の日々が、ひとつの終わりを迎えようとしていた。

フォーミュラ1(F1世界選手権)

f1

誰一人欠けることなく最後まで走り抜けた10チームと20人のドライバーたち。2018年シーズンの最終戦は、それぞれの「らしさ」を投影したレースに映りました。