英語

telephone先日、海外のショップに電話して英語で商品を注文するという結構しんどい体験をしました。その時に実際に役に立ったテクニックをいくつかピックアップしたいと思います。基本気合いだけで乗り切った感じですが、こんなレベルでもなんとかなるんだ〜と知ってもらえれば嬉しいです。

Kindle, 英語

f_f_business_32_s128_f_business_32_0bg「スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)」の映画を見たら、もう少し細かい情報も知りたくなって小説版も買ってしまいました。せっかくKindle Fireもあることだしと読み始めてみたら面白い機能が使えることに気づきました。

 

Kindle, 英語

f_f_business_32_s128_f_business_32_0bgこの頃は、もっと活用できないものかと購入したばかりのKindle Fireをこねくり回す日々を送っています。すると偶然に面白い組み合わせが生まれました。

「Kindle Fire」+「マンガ」+「英語の勉強」

ためになるけど苦にならない理想的なコラボレーションです!

アプリ, 英語

f_f_business_44_s128_f_business_44_0bg10月から11月にかけて日本に滞在していたHacker Paradiseのメンバーの方々と話す機会があったことで英語コミュニケーションの重要性を実感できたわけですが、まだまだスキルが足りないのも事実。

英語での会話で一番苦しんだのは、この気持ちを伝いたいけれど言葉が思い浮かばない!ってことだったりします。やっぱりボキャブラリーは大事なんですね。でも英単語を頭に詰め込むのは大変。だからできるだけ楽な方がいいな、ということでスマホアプリを活用することにしました。

英語

f_f_business_44_s128_f_business_44_0bg今月の上旬まで日本に滞在していたHacker Paradiseのメンバーの方々と出会えたおかげで、最近久しぶりに英語でお話しする機会がありました。

でも英語でコミュニケーションを取るってやっぱり難しいですね。今回こんなチャンスを頂いて感じたこと、もう一度チャンスが訪れた時までにやっておこうと思ったことを書いておきます。

英語

f_f_business_41_s128_f_business_41_2bg

週末に本棚を整理していたら、持っていたことをすっかり忘れていた本が数冊出てきました。英語の文章を読むのが苦手なとき、非常に勇気付けられたペンギンリーダーズというシリーズの本です。懐かしくてまた読み始めてしまいましたので、せっかくなので紹介したいと思います。

英語

f_f_business_44_s128_f_business_44_0bg毎日忙しいのに英会話のレッスンに行くとか寝る前に教材に目を通したりとか、いくら継続は力なり!と知ってはいてもなかなか続けられないものですよね。

それで諦めてしまうのももったいないので、そういう時は肩の力を抜いて、あまり苦にならない勉強法をトライしてみるのもモチベーションを保持するのには重要だと思います。

しかもこの方法、お金もかからないですからね。Take it easy!

 

 

Kindle, 英語

f_f_business_41_s128_f_business_41_0bg

Kindle Paperwhiteでシャーロックホームズを読もう

いつもKindle Paperwhiteを持ち歩いて時間があれば小説を読んだりしてますが、勢い余って購入ボタンをクリックしてしまうと気づかないうちに出費が増えていたりします。ちょっと節約するためにセールのタイミングを狙ってみるのもいいですが、探してみるうちに気になる小説が無料で読めることを知りました。洋書なので読むのは大変ですが、そこは辞書付きKindleなら多分大丈夫!ということでKindle Paperwhiteでシャーロックホームズを読むための方法をご紹介します。

 

読むまでの準備

電子図書館にアクセス

日本の無料書籍だと青空文庫というサイトが有名ですが、海外でも同じような取り組みで膨大な量の電子書籍の公開が行われています。今回ご紹介するのはプロジェクト・グーテンベルクさん。世界で最も歴史ある電子図書館と呼ばれています。シャーロック・ホームズの小説も著作権保護期間を過ぎているため、こちらで取り扱われています。

プロジェクト・グーテンベルク(シャーロック・ホームズ)

 

読みたい本をダウンロード

post-1136シャーロック・ホームズのシリーズだけでもたくさんあるのですが、今回は「A Study in Scarlet」(邦題:緋色の研究)を探しましょう。人気作品なので左側に表示されているはずです。もちろん他に興味のある作品があればそちらを選んじゃって構いません。

 

 

post-1136_02見つかったらクリックして、次の画面でKindle(with images)を選択しましょう。これでファイルがダウンロードされます。イメージ有りって書いてるけど、最初の方をパラパラめくった中には全然挿絵とかは入ってなくて少し残念でした。

 

 

 

 

 

お手持ちのKinde Paperwhiteに転送!

ダウンロードしたら、あとはUSBケーブルで接続してKindle Paperwhiteにファイルを転送するだけです。転送先はdocumentsディレクトリの中にコピーすればOKです。これで書籍一覧に表示されるようになります。

Amazonで購入した書籍と同様、わからない単語があればタップするだけで意味を表示してくれますし、ブックマークや移動も通常の電子書籍と同じ操作で行うことができます。

 

 

まとめ

電子書籍はブックオフみたいに中古で安く買うことはできませんが、古い作品などはお金をかけずに読むこともできます。Kindleなら分厚くて傷みやすい紙質の洋書でも手軽に扱えますし、辞書を片手に読む必要もありません。お金を使わず英語も勉強できて、しかも楽しめる題材となれば、シャーロックホームズはオススメの物語です。

シャーロックホームズの小説は日本語にも翻訳されていて、以下のサイトで無料で読むことができます。事前に日本語でストーリーを読んでおくと、英語でもなんとなく流れがわかるので読みやすいですよ。

コンプリート・シャーロックホームズ

 

 

英語

f_f_business_44_s128_f_business_44_0bg

はじめに

以前、スターウォーズの小説を購入する時に日本語版だと思ってたら英語版を買ってしまったことがあります。もったいないので辞書を片手に翻訳しながらなんとか読みきったら、英語に興味を持つようになって英会話のレッスンにも挑戦したことがあります。

でも英文を読むのとは違い、面と向かって話そうとすると伝えたいことがあってもうまく言葉にならないんですよね。なんでだろうとよく考えてみると、頭の中で作る日本語の文章と、それを英語にした時の文章では大きな違いがあるのに気付きました。

今回はその違いって何だろう、どうやったら理解できるのかな?と自分なりに考えた勉強法をご紹介します。英語ができる人なら当たり前に思えるのかもしれませんが、なかなかうまく話せるようにならない方は試してみると、ほんのちょっとくらい上達できるかもしれませんよ。

英語

f_f_business_41_s128_f_business_41_2bg

はじめに

しがないシステムエンジニアの僕にとって、英語というのは完全に異世界の言葉でした。日本のIT業界は会社同士で仕事を融通しあってるような狭いコミュニティーなので基本的に日本語しか使いません。せいぜい技術情報を調べる時くらいしか英語に触れる機会はないんですが、現場に押し込められてしまえばネットも遮断されることも多いです。

そもそも学校に通ってた頃から英語は苦手でしたし(むしろ憎んでいたくらい)日本にいるのに海外の言葉を学ぶという意味がわからなかったです。それなのになぜか英語に触れるようになって、好きになったのか。そのきっかけは実に単純なミスから始まりました。

 

偶然に導かれて

昔からSF映画が好きでした。特にスターウォーズはお気に入りで、DVDも持っていて何度も繰り返し観ていました。日本ではあまり聞きませんが数々の派生ストーリーやエピソード6以降の物語など、日本のコンテンツに例えるなら「ガンダム」みたいな展開になってるんですよね。

で、それを知ったのが数年前のことでした。だったら小説も読んでみたいなぁと思って、最初はやっぱり原作小説だろうとアマゾンで見つけたエピソード1〜6巻セットを注文して届くのを楽しみに待っていました。

この時は映画が面白いんだから小説も面白いんじゃないか程度でした考えていませんでした。そして、偶然思いついたこの行動が、英語に興味を持つきっかけになるなんて夢にも思っていませんでした。

 

最初は全然受け付けなかった

ついに宅配便が来て荷物が届いて、そこで大きな過ちに気づきました。文庫本サイズを想像してたのに見た目からしてなんだかデカイ。紙の手触りがザラザラしている。そして日本語がどこにも書かれていません。

購入したのはペーパーバックと呼ばれる洋書でした。

恐る恐る開くと、全部英語です。それこそ帝国軍のスター・デストロイヤーから飛び出すTIEファイターの群れのように襲いかかって来ました。単語自体は難しくなさそうなのに、まとまって長い文章になっていると手強くてとても読む気が起きません、

間違って洋書を買ってしまうとは予想もしていなかったのでショックでした。それでも何度か挑戦しようと思ったんですが、ページを開くとどこにも日本語がないので視線が落ち着く場所がありませんし、書体も少しポップな感じで目に慣れず、すぐに読むのをやめてしまいました。せっかく買ったのになぁその後はしばらくガッカリしながら過ごしました。

 

一行だけ読めたのがきっかけだった

読めないなら手放してしまおうかと悩んでいる時でした。なんとなくエピソード1を手に取り、読むでもなくパラパラとページをめくっていくと、ある一文が目にとまりました。

「I have a bad feeling about this.」

あ、映画の中のセリフだって気づきました。こんな風に読める英文が1個あっただけでちょっと世界が変わりました。何回か映画を見ているので、よく聞く単語くらいならわかるかもしれない。ヨーダの変な英語も、変だって気付くくらいにはなんとなくわかるのでいけるんじゃないか。そう思ったら捨てちゃう前に読んでみようかと思いました。

このセリフが、たった一人残されたジェダイ、ルーク・スカイウォーカーのように一つの希望になりました。そして、捨ててしまう寸前だったペーパーバックたちの命を救ったのです。

それから長い旅が始まりました。通勤中の電車の中や仕事のお昼休み、寝る前のほんの少し暇な時間などを利用して、チョコチョコと読み進めていきました。最後までたどり着くのに半年以上かかりましたが、なんとかエピソード1から6まで読破することができました。

そうすると、あんまり英語の文章に抵抗がなくなっていることに気づきました。その後は数十ページの英語本を買ってみたり、映画にもなった物語の小説を読んでみたりしながら、今ではハリーポッターの原書も少しずつですが読めるようになりました。もちろん内容をまだ完全には理解できていません。でも映画だってなんとなくわかれば楽しめるんだし、自分が楽しむ分には困ることなんてありません。だけど、もう少し理解を深めたいなという気持ちが生まれて、英語の勉強を始めるようになりました。

 

おわりに

きっかけなんて大したことなくて、楽しめることが一つ増えるんじゃないか、それくらいでもいいんだと思います。必要がなくて楽しめないならやめればいいんだし。

集中して本気勉強する人に比べたらスピードは遅いかもしれませんが、ストレスもなく、ただの趣味みたいに英語を勉強する。そんなんでも、海外の人と適当な英語ではあっても会話ができるようになります。

そんな英語との接し方、楽しみ方をこれから少しずつ紹介していけたらいいなと思っています。

 

 

PAGE TOP