WRC 2015 第8戦 フィンランド DAY1

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

WRC(世界ラリー選手権) 2015 第8戦 フィンランドが開幕しました。DAY1は1ステージのみ。スタート前には激しい雨が降っていましたが、直前には上がり明るい日差しが差し込む中(フィンランドではこの時期、日没は夜の10時過ぎです)無事レースが開始されました。

初日トップを奪ったのはフォルクスワーゲンのセバスチャン・オジェ選手。テレビ中継に合わせて彼の出走順が一番最後になったおかげで、路面が乾いた頃に走ることができるという幸運も重なり定位置に躍り出ました。

2位は0.6秒差でシトロエンのクリス・ミーク選手。3番手にはオジェ選手のチームメイト、アンドレアス・ミケルセン選手が0.2秒差でその後を追います。

連覇に挑むヤリマティ・ラトバラ選手はトップから1.6秒差の5位とまずまずのスタート。レース前のシェイクダウンでクラッシュしてしまったヒュンダイのティエリー・ヌービル選手は、出走が心配されましたが無事クルマの修理が間に合い8番手につけました。まだ1ステージなのでトップ10までは4秒弱の差しかなく、まだまだこれからです。

ラリーフィンランドDAY2は名物ステージオウニンポウヤを含む9ステージ、日本時間7月31日(金)15時28分スタートです。

DAY1暫定順位

[table id=1 /]

 

WRC 2015 フィンランド シェイクダウンの模様

 

 

 

スポンサーリンク