【iTunes今週の映画】サリュート7

(C)CTB Film Cie & Lemon Films

iTunes今週の映画でロシアのクリム・シペンコ監督作品『サリュート7( 原題:Salyut-7)』が100円レンタル対象になっています。作品についての情報や視聴方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

あらすじ

1982年に打ち上げられたロシアの宇宙ステーション、サリュート7。スペースシャトルを開発し次々に開発の手を広げるアメリカに対抗するためには、ロシアの宇宙計画にとって要となる存在でした。

1985年2月、そのサリュート7号からの通信が突如途絶えます。無人のまま宇宙空間を漂流し始め、このままでは地球に墜落してしまいます。後継機ミールの打ち上げまでにはまだ時間が必要なため、ここで貴重な宇宙計画の拠点を失うわけにはいきません。そこでロシアはソユーズを打ち上げ、ステーションの復旧作戦を敢行することにしました。

選ばれたのはウラジーミル・ジャニベコフ、ヴィクトル・サヴィヌイフという2人のパイロット。彼らの知恵と勇気、そして人力による宇宙計画の歴史に残る驚愕のミッションが始まります。

サリュート7(予告編)

作品について

1985年に実際に起った宇宙ステーション、サリュート7の復旧作戦を映画化したロシア映画です。ロシアの映画なんて日本ではなかなか観る機会もないうえに、実話となると興味も湧いてきます。

今では中国も打ち上げに成功し、民間でも運用の目処が立ち始めた宇宙ステーション計画ですが、その中でも最大規模の国際宇宙ステーションにはロシアのズヴェズダモジュールが含まれています。

このモジュールはミールの後継で、そのミールの前に存在していたのがこの作品に登場するのがサリュート7になります。もしも復旧作戦が失敗していたら、その後の宇宙開発にも大きく影響していたでしょう。

『アポロ13』や『ゼロ・グラビティ』などアメリカの映画と比較してみても面白いかもしれませんね。

視聴方法

映画はApple iTunes Storeからダウンロードできます。100円レンタルは通常水曜日から1週間の期間限定ですので、以下のリンク先にある「iTunesで見る」のボタンを押してレンタル価格を確認のうえ視聴してください。

サリュート7 (字幕/吹替) – クリム・シペンコ

iTunesでの映画レンタルについて詳しくは以下をご覧ください。

iTunes Store から映画をレンタルする

それでは、楽しい映画ライフをお過ごしください。

スポンサーリンク