WRC 2015 第8戦 フィンランド開幕します

2015年7月30日

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg
WRC(世界ラリー選手権) 2015 第8戦 フィンランドが開幕します。

ラリーフィンランドは以前、1000湖ラリーと呼ばれ「そこには千の湖があり、千の伝説がある」と謳われるほど美しく有名なラリーコースの1つです。

そんな見た目とは反対に、前戦ポーランドと並んでスピードに乗ったレースになるのも特徴です。起伏も激しくジャンピングスポットも多いので観客の目にも刺激的。スピードが出すぎて危険なため近年ではコースを外される事も多い名物ルート「オウニンポウヤ」も今年は復活します。ここでは50mを超える大ジャンプがあり(最高記録は57m!)、しかもこのステージを走る日はその日の競技が終わるまで、サービスパークと呼ばれる車の修理場所に戻ることができません。ちょっとでもミスをすれば大ダメージに繋がるのでドライバーたちにとっては正に命がけの挑戦です。

このコースを得意とするのは地元出身のヤリマティ・ラトバラ選手。去年もここで優勝し、今年も連覇して通算3回目となる勝利を狙っています。そして今期チャンピオンシップ独走中のセバスチャン・オジェ選手。現役ドライバーで優勝経験があるのはこの二人しかいません。どちらも現在最強のフォルクスワーゲンチームということで牙城を崩すのは並大抵のことではありませんが、スピードコースの得意なフォードチームの暴れん坊オット・タナク選手や急成長中のハイデン・パドン選手(ヒュンダイ)あたりが新しい流れを作ってくれるのを期待したいと思います。

パドン選手の活躍で目立たなくなってしまっていますが、堅実な走りに定評のあるティエリー・ヌービル選手(ヒュンダイ)やエルフィン・エバンス選手(フォード)たちも、しれっと表彰台に立っている可能性もあります。心配なのはシトロエンチーム。ドライバーの去就どころかチーム撤退の噂まで(すぐにではないでしょうが)聞こえてきたり。もう少しレースに集中して、かつては9連覇したチームの意地を見せてもらいたいところです。

 

ラリーフィンランドDAY1は1ステージのみ、日本時間7月31日(金)1時00分スタートです。

 

WRC 2015 ラリーフィンランド ステージ紹介

 

WRC 2015 ラリーフィンランド プレビュー

 

WRC 2015 ラリーフィンランド クラッシュ特集

 

WRC 2015 ラリーフィンランド ジャンプシーン特集

 

スポンサーリンク