【英語の勉強】英会話で一番大事なのは言葉の順番です

2015年7月28日

f_f_business_44_s128_f_business_44_0bg

以前、スターウォーズの小説を購入する時に日本語版だと思ってたら英語版を買ってしまったことがあります。もったいないので辞書を片手に翻訳しながらなんとか読みきったら、英語に興味を持つようになって英会話のレッスンにも挑戦したことがあります。

でも英文を読むのとは違い、面と向かって話そうとすると伝えたいことがあってもうまく言葉にならないんですよね。なんでだろうとよく考えてみると、頭の中で作る日本語の文章と、それを英語にした時の文章では大きな違いがあるのに気付きました。

今回はその違いって何だろう、どうやったら理解できるのかな?と自分なりに考えた勉強法をご紹介します。英語ができる人なら当たり前に思えるのかもしれませんが、なかなかうまく話せるようにならない方は試してみると、ほんのちょっとくらい上達できるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

英語と日本語のズレ

まず「あなたが好きです」という文を例に考えてみます。この文は誰が好きになったのかが省略されていて、正確には「わたしは、あなたが好きです」になりますよね。でも英語だと以下のように順番が違ってきます。

“I like you.”「わたし、好きです、あなた」

ですが日本語の文章のまま最初に「あなた」の部分が頭に浮かんで来るので頭が混乱してしまい、それが原因で話せなくなっていたようです。英語というのはこの順番というのが大事で、これを意識してルールを守るように文章を組み立てないとうまく通じないんです。

 

英会話は言葉の順番が大事ですよ

教科書や文法の解説書を見ると、英語には基本として5つの文型が載っています。

  • 「主語」+「動詞」
  • 「主語」+「動詞」+「補語」
  • 「主語」+「動詞」+「目的語」
  • 「主語」+「動詞」+「目的語」+「目的語」
  • 「主語」+「動詞」+「目的語」+「補語」

学校で習ったと思いますが忘れてましたし、会話の最中にこんなこと考えたりするのは大変ですね。でもよく見ると、全部最初の2つは同じです。だったらまずはそこだけでも身につくように練習してみましょう。

 

「主語」+「動詞」を身につけよう

とりあえず、自分のことを考えて英語にしてみるところから始めてみましょう。何かをしようと思った時、それを英語にしてみると良いです。例えば歩こうと思ったら、自分自身に命令するみたいに口に出したり頭に思い浮かべてみましょう。

“I walk.”「わたし、歩く」

ダンスをしようと思ったら”I dance.”とか、寝るときには”I sleep.”とか知っている簡単な言葉でいいのでどんどん使ってみましょう。最初の例で使った”like”だと、”I like.”では「え?誰が好きなの?」ってことになってしまうので、「あなた」という「目的語」が必要になります。でもそんなことはとりあえず置いといてまずは「主語」+「動詞」の組み合わせをたくさん作りだしてみましょう。

「目的語」とかはもし気付いたら付ければ良いくらいの気持ちで良いですよ。忘れてても多分相手が誰が好きなの?いつから?って聞いてきます。実はみんな意外とたくさんの英単語を知ってます。逆に日常でよく行う動作の単語を知らなかっりとかもありますけどね。

 

おわりに

慣れてきたら昨日あったことを思い出して過去形の文章を作るのもいいですし、動詞の前にwillをつけて、これからやるんだよって意味に変えるとちょっと先に進んだ勉強になります。テレビドラマの主人公の行動を英文で説明するのも面白いかもしれませんね。

“I am Japanese.”「わたしは日本人です」

の”am”みたいなbe動詞もありますが、それは別で説明しますのでとりあえず後回し。まずは「誰が」+「何する」の流れをたくさん繰り返して覚えましょう。

 

(追記)英語は言葉の並びが重要だよってことを丁寧にまとめて説明してくれる書籍がありました。「一億人の英文法」という結構分厚い書籍ですが、思っていたことがきちんとした言葉で書かれていてスンナリ飲み込めました。英語がうまく話せないよ〜という方におすすめです!

スポンサーリンク