【映画感想】ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生/乗客置き去りジェットコースタームービー!乗りたきゃ魔法で飛んでこい!(ネタバレ無し)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

いよいよ11月23日から『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公開が始まりました!ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ、そして大ヒットした前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に続く2作目とあって期待していましたが、想像以上にブッ飛んでました!

ネタバレしないように感想を書いていきます。

ついて行けなきゃ追いかけろ!

観客置き去りって言っても悪い印象じゃないです。知ってる人は知ってる分だけ楽しめるし、知らない人は勢いだけでも楽しめる作品だなぁと思いました。

もともと魔法使いの人たちの常識は魔法を使えない人とは全く異なっているので(腕が折れたら呪文でくっつければいいじゃん!みたいなノリの人々)ハリポタシリーズ初めて鑑賞すると誰もがカルチャーギャップにびっくりするんですが、本作でそれを体験できたならきっと幸せです。え?なにそれ?なにそれ?って混乱してる間に物語が大きく動き出し、もちくちゃにされて劇場を出て、家に帰ってから調べてみてようやく納得!あースッキリ!みたいなルートをたどることができます。

もちろん過去作を知ってる人が観ると記念すべきハリー・ポッターシリーズ1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』に名前が出てくる人物が登場したり、その後の作品にも関係するキーワードがたくさん出てきて世界観のリンクが楽しいです。ホグワーツ魔法魔術学校の中の様子が映って(昔から変わってないなぁ)思わず前のめりになったり嬉しい描写が懐かしい思い出がてんこ盛り!欲張りな人は家系についても予習しておくと更に楽しみがアップするでしょう。

鑑賞中はすっごく置いてかれてる感があるんですが、拒絶されてるんじゃなくて走って追いかけてこい!っていうライブ感は、今までとは違う風を感じました。

 

映像表現(魔法以外も)がすごい

正直言うと派手なシーンは少なめ、魔法もファンタスティックなビーストたちの活躍もやや控えめな印象でした。ホウキに乗って飛ぶシーンもあんまりないし。そのかわり、映像全体がとても丁寧に作られているのを感じます。今作の舞台は今から100年あまり昔のお話。フランスの古い町並みや霧のロンドン(霧を振りまいてるのはアンタなのか?)といった景色にも心を奪われました。もうちょっと多く見せて!

魔法の表現はCG技術が発達して本物と区別がつかないところまで来てしまったし、マーベルシリーズでも派手なことやらかしてくれたので新鮮味はありませんが、それ以外の部分もしっかり作ってあるから、せっかくの世界観の中で興ざめして現実に戻されたりすることなんてありません。

ただ個人的にはもうちょっとビーストたちの活躍も見てみたかったかな?でも動物たちの足と地面の境界とか周囲の水の表現とかみてると、おぉ〜!ってなります。

 

気づけば予想外の方向へ

ハリー・ポッターとは違って大人たちが主役なので、複雑な大人の事情が絡んできます。特に終盤はかなり重い内容になっていき、これどうなっちゃうんだろう?って展開に。前作から大好きだった人が心変わりしてしまったり(これはつらかった)悲しいことも多く、正直そういうとこじゃなく華やかな魔法の世界が見たいんだけどな。『ファンタスティック・ビーストと怠惰な一週間』くらいのノリでもいいんだけどな。

『ファンタスティック・ビースト』シリーズは全5部作が予定されており、起承転結でいうと物語が加速度を増していく「承」の部分に当たります。イギリスっていうか世界大丈夫?って心配になるほどスケールの大きい話になっていくみたい。

前作から登場しているエズラ・ミラー演じるクリーデンスも物語の中心人物としてますます存在感アップ。劇場から出るときに「エズラ・ミラーヤバい死ぬかも」って興奮して話してる人いたけどあと3回くらい幸せに死ねそうです。

 

おわりに

今回はIMAX 3Dで鑑賞しました。映像を楽しみたいって人はこっちでOKだと思います。物語としては終始ドタバタしてるので4DXなどでアトラクションとして楽しむのもありですね。不満があるとすればいろんな要素を詰め込みすぎていて楽しみたい部分もすぐに終わってしまうことだったけど、でもまぁ、わかんないとこは後回しでいいからまずは楽しんで!って言いたくなる映画でした。

 

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Wizarding World TM Publishing Rights (C) J.K. Rowling
WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.