【iTunes今週の映画】きみはいい子

きみはいい子

iTunes今週の映画で、呉美保監督作品『きみはいい子』が100円レンタル対象になっています。作品についての情報や視聴方法などをご紹介します。

あらすじ

これは、どこにでもある町の、どこにでもいる人達の物語―。

 

若手教師の岡野匡(高良健吾)は小学校1年生の担任となり、初めは奮闘していましたが、次から次に問題が起こるうちに段々と真剣に向き合う情熱を失っていってしまいました。

ある日、彼は1人佇む生徒を発見します。その子はクラスでからかわれ、家では虐待を受けていました。学校に連れて行くと誰もが騒ぎが大きくなることを恐れて目を向けようとはしません。もちろん生徒の両親も。それ以上踏み込むことができず落ち込む岡野が家に帰ると、自分の悩みを聞いてくれる家族がいつだって待っていてくれたことに気づきます。

 

「世界は救えないけど、誰かを救うことは、きっとできる」

 

翌日。岡野は生徒たちに、とっても難しい宿題を出すことにしました。

【動画】映画『きみはいい子』予告編

 

作品について

坪田譲治文学賞を受賞した中脇初枝さんの連作短編集『きみはいい子』より、高良健吾を軸とした「サンタさんの来ない家」の他「べっぴんさん」「こんにちは、さようなら」の3篇に当て、アカデミー賞外国語映画賞部門の日本出品作にも選ばれた『そこのみにて光輝く』などを手がけた呉美保監督が描く、児童虐待をテーマとした作品です。

虐待を受ける子どもたち側の視点だけでなく、負の連鎖から抜け出せずに苦しむ大人たちの姿にも目を向け、日本社会が抱える闇を広く照らし出します。

誰かを救いたいという気持ち。自身の成功のために他人を欺くことが当たり前の時代では、言葉にすれば笑われてしまうだけかもしれない。それでも手を差し伸べてくれる人がいたのなら、世界はまだ、続く価値があるのだと思います。

 

視聴方法

映画はApple iTunes Storeからダウンロードできます。100円レンタルは通常水曜日から1週間の期間限定ですので、以下のリンク先にある「iTunesで見る」のボタンを押してレンタル価格を確認のうえ視聴してください。

きみはいい子 – 呉美保

Amazonプライム会員の方は以下のリンクから追加料金なしで視聴することができます。

 

iTunesでの映画レンタルについて詳しくは以下をご覧ください。

iTunes Store から映画をレンタルする

 

(C)2015 アークエンタテインメント