【WorldRX2018】世界ラリークロス選手権 第11戦ドイツ/誰かこの人止めてください

世界ラリークロス選手権第11戦ドイツ

10月13日から開催された世界ラリークロス選手権の第10戦、ドイツ。ハプニングがあっても全く動じずまたしてもあの人が超人的なスピードで猛威を振るいます。ほんと、そろそろこの人誰か止めてください。お願いします。

混沌の中でも勝利を掴み取る

ケビン・ハンセン(チーム・プジョー・トタル:プジョー208 WRX)の大クラッシュにより決勝は赤旗中団となり仕切り直し。マシントラブルがあったのかケビンのマシンはコーナーを曲がりきれずにウォールに激しく衝突し大破してしまいました。ケビンは背中の痛みを訴え、なぜか母スーザン・ハンセンが助手席で手を振る救急車で病院に搬送されるという混沌とした空気が残る中、残された5台によるレース再開となりました。

ポールポジションはもはや顔パス指定席、ヨハン・クリストファーソン(PSRXフォルクスワーゲン・スウェーデン:ポロR GTI)。その隣には強敵マティアス・エクストローム(Team EKS:アウディS1)が並び、これで2戦連続同じ顔がフロントローを独占です。

2列目はアンドレアス・バックルド(Team EKS:アウディS1)とペター・ソルベルグ(PSRXフォルクスワーゲン・スウェーデン:ポロR GTI)、3列目にはニコラス・グロンホルム(GRX・タネコ・チーム:ヒュンダイi20)が1台ポツリと寂しげです。

 

いよいよ決勝のスタート。ロケットスタートを決めたソルベルグは前の2台に並びかけるも、1コーナーで行き場を失い順位を上げられませんでした。他の誰もミスすることはなくグリッド順に編隊を組んでのオープニングラップ、エステリンクサーキットの最終コーナーに設けられたジョーカーラップに最初に飛び込んだのはグロンホルムだけでした。

2周めは上位4台が列を成す接戦に。ここで前とのマージンを広げる戦略に出たのはソルベルグ。ジョーカーから予定通りグロンホルムの前でコースに復帰し追撃体制に入ります。しかし後ろのグロンホルムも離されまいと必死に食らいつきます。トップ3と遜色ない速さ。

3台になった首位グループはそれぞれ約0.9秒間隔となり徐々に差がつき始めました。前のマシンが巻き上げるダストが後続の視界を遮りピッタリと背後につくのは大変そうです。4周目の最終コーナーでバックルドがジョーカーを選択、後方から追い上げるソルベルグは一歩届かず順位にひっくり返すことはできません。この後5週目でソルベルグは突然のストップ。マシンからは煙が上がりオーバーヒートの模様。

いよいよクリストファーソンとエクストロームの一騎打ち。ですが2台のタイム差は1.5秒とエクストロームにとって厳しいものになりました。全く隙を見せないクリストファーソンに歯が立ちません。ジョーカーもファイナルラップで両者同時に通過することになり、一切前に出ることを許してくれませんでした。クリストファーソンは8連勝、今季11戦10勝の2ケタ勝利です。どうなってんだこれ。

 

感想

今回もクリストファーソンを誰も止められずフォルクスワーゲンはドライバーズタイトルに加えチームタイトルも2連覇を達成。体調に不安を抱えるソルベルグがなにげに毎回決勝まで残って、しっかりとサポートしていました。本当は思うように走れなくて辛いとは思うんですが、さすがにチームの顔です。っていうかそんな状態でWRCにも出場するって大丈夫なの?

予選では珍しくQ1からQ4まで異なるドライバーが勝利を飾りセミファイナル、ファイナルでは接戦が見られるの楽しみにしていましたが、決勝になってみれば全く隙のない完璧な走りでクリストファーソンがスタートからフィニッシュまでレースを支配してしまいました。この強さ、ちょっと引く。

時間がなくてフルで視聴できたのは決勝だけですが、この人の機械のように正確なライン取りは本当に驚きです。何周あろうが確実に狙ったラインをトレースできるとんでもない才能。ファイナルのラップタイムを見ても6周目のジョーカーラップを除くと1周目から5周目までのタイムにバラつきがほとんどなく、その差約0.4秒しかありません。しかも4周目にソルベルグに抜かれた意外は全て最速のラップタイム。そして圧巻はジョーカーラップのクリアが異常に早く0.5秒程度の差をつけてしまえるのです。

今まで重要視されていたスタートダッシュに加えて、ジョーカーラップのクリアタイムの重要性に気づいてしまったクリストファーソン。ライバルたちも力を入れて練習してくださいね!F1のピットストップくらい大事ですからね!

 

あと、決勝でクラッシュしてしまったケビンは元気そうでひと安心。次の最終戦までに元気になって戻ってきてくださいね。

【動画】決勝ハイライト

 

おわりに

お次はいよいよフィナーレを迎えるFIAラリークロス選手権。いろいろあったはずなのに、1人の顔だけ強烈に心に残ってしまいました。ラストはもうちょっと盛り上がる戦いを期待しましょう。

最終戦となる第12戦南アフリカは11月24日開催です。お楽しみに!

 

画像の出典:FIA World Rallycross Championship