【映画感想】万引き家族/きっと終わりを待っていた

万引き家族

僕はいつも映画を観ているとき、作中に入り込んでしまいます。だから絶望的なエンディングを迎えれば死にたくなるほどヘコむし、世界が救われれば数日はどんなことがあっても幸せな気分でいられる。

でも是枝監督の作品はいつも、立ち入りをお断りされてしまう。

だからあの家族の誰とも気持ちを重ねることはできなくて、皆が暮らす家の中に僕の場所はなかった。やっぱりだと。だから『万引き家族』も苦手な作品だなぁと思いました。

彼らに貧困という言葉がうまく当てはまらない。家もあれば、小さいけどお風呂だってちゃんとあるし。豊かではないけれど必要なものは揃っている(万引きしちゃってるけど)。大人たちは誰も、こんな窮状から抜け出そうとは考えていない。

血の繋ってない家族って設定も、現代では特別ではないし、監督の過去作品にも存在する設定だし。

幸せが訪れるんだろうかと期待すると、そうはいかない。かといって絶望の底に落とされることもない。大切な一言は最後まで言ってもらえない。こちらの裏をかくかのように、ギリギリのところでサッと交わされてしまう。

すっごく中途半端な気持ちのまま、劇場を後にしました。

 

でも確実に、心に引っかかる何かが残ってたんですよね。それで考え続けてると一つの考えが浮かんできました。

確かに彼らは家族だった。つかの間の幸せの中にいた。でもそれがいつか終わってしまうことも知っていたんじゃないかって。誰かが終わらせてくれることを待ってたんじゃないかなって。だから終わるきっかけをくれた子供たちには感謝こそすれ怒ったりしなかった。そして、それで不幸になって欲しくないって本気で思ってくれていた。

きっとあの家族は救われなかった。本当の家族にもなれなかった。まさか養子の申請出すわけにもいかないでしょうしね。困った人を助ける制度はたくさんあるだろうけど、あんな例外ばかりが集まった家族を救う制度なんてない。国が悪いってだけじゃなくて、例えば近所に何してるのかわかんない家族がいたら話しかけるのためらうよね。きっと見て見ぬふりしちゃうよね。人が救うこともできなかったと思う。

じゃあどうすればいいと思う?って問いかけを是枝監督はしたかったのかな。

でも他にも日本の社会的な問題が詰め込まれすぎてて、どこから手をつけて良いか悩んでしまいますね。あ、それがこの国の現状そのものなのか。

 

鑑賞後にいろんな人の感想を読んでみたけれど、どれも合ってるようにも違ってるようにも思えました。どんな感想も是枝監督の手のひらの上で転がされてるみたいな。やっぱり大きい人だなって思う。もちろん自分の感想もね。全然届いていないです。

右だ左だと騒いでいた人たちは映画を観ていないと思っていたけど、実はちゃんと観てくれている人も多いのかも。映画と現実の区別がつかなくなるくらい演技が凄いし、観る人の心を強烈に投影する映画なので、日頃から強い想いを持っている人は思いっきり作中に重なって見えてしまうでしょうから。

 

(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.