【WordPress】写真のそのままアップはNG?意外と大事な画像サイズ圧縮方法

WordPress

WordPressでブログを書くのって楽ですよね。文字をどんどん打ち込んで、画像をホイッと画面に放り込めばハイ出来上がり。

でも待ってください。それ、無駄に大きな画像ファイルじゃないですか?

見た目を変えずにスリムにしよう

毎日のようにブログを更新しているような方でも、スマホで撮った写真をそのままアップしている場合があります。

スマホで撮った写真なら1枚あたり数MB、高性能のデジカメで撮った写真なら数十MBになり、実は画像ファイルって思っている以上に大きいんです。

大したことないなんて思うかもしれませんが、1枚10MBの画像が10枚くらい貼ってあるページを10個見たら合わせて1GBになりますから、下手したらスマホの通信制限がかかってしまいます。表示されるまでに時間がかかると、せっかくの記事も読んでもらう前に離脱してしまうかもしれません。

というわけでこちらの画像をサンプルに、どれくらい差が出るのか試してみました。ダウンロードした時点では画像のサイズが6016 × 4016ピクセル、7.9MBあります。

解像度をちょうどよくしよう

美しさをアピールするのが目的でなければ、できるだけ画像を小さくしましょう。

いつも僕が使っているのは以下のツール。WindowsでもMacでも無料で使えます。

メディバンペイント(MediBang Paint)

起動したら画像を放り込んで、メニューにある「編集」から「画像解像度」を選択します。横幅が6016 になっているので、今回はこのブログを書いているMacの画面幅と同じ1366にしてみましょう。下の方にある「比率の保持」にチェックがついていると横のサイズに合わせて自動で縦のサイズも変更されます。

これでJPEG形式で保存すると、サンプルの画像サイズが1366 × 912、430KBまで小さくなりました!約20分の1になっています。WordPressのテンプレートによって表示される画像の大きさが変わるので、いろんな大きさで試してみてください。このブログでは画像の綺麗さを求めていないので680まで絞っています。

 

見た目を変えずサイズを圧縮!

上の方法だけでもかなりスリムになりました。でも、もっと小さくしたい!という方はこちらの方法も試してみましょう。

やり方は簡単、以下のサイトに行って画像を放り込むだけ。するとあら不思議、サイズが縮むんです。しかも無料。

Compressor.io

詳しいことはあまりわかりませんが、見た目をできる限り変えないようにデータを変更して、保存したときのサイズが小さくなるように自動的に編集してくれています。ですので目に見えないくらいではありますが画像が劣化する場合があります。綺麗に見せたい写真などには使わない方が良さそうですね。

この方法を使えばサンプル画像が197KB(サイズは変わらず)まで小さくなりました!最初が7.9MBだったのでおよそ40分の1です!

これなら画像が表示されるまでの時間も速くなるし、利用者の通信制限もあまり気にせずに済みそうですね!

 

おわりに

ウェブサイトの表示速度アップはSEO対策としても有効です。まぁ無理して直さなくても良いので、できるところからコツコツと改善していきましょう。

本当は変更後のサイズがいつも一緒なので自動化できればベストなんですけどね。

Medibang Paintはフォトショップほど凄いことはできませんが、ちょっとした画像編集にも活躍してくれるのでおすすめですよ。