WRC 2015 第7戦 ポーランド 最終結果

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

WRC(世界ラリー選手権) 2015 第7戦 ポーランドが終了しました。

優勝はセバスチャン・オジェ選手。同じくフォルクスワーゲンチームのアンドレアス・ミケルセン選手を途中でかわし、そのまま逃げ切って勝利しました。初優勝を目指していたミケルセン選手は残念でしたが、それでも2位という結果は立派です。

3位には途中から勢いづいたフォードのオット・タナク選手が入り、表彰台の座をゲットしました。今季は池に落ちるなど不運なこともありましたが、そんなことを全部吹き飛ばすような会心の走りでした。ニューマシンとの相性が良いのかもしれませんね。

タナク選手と3位の座を争っていたヤリマティ・ラトバラ選手は最後のステージで頑張りすぎてクラッシュ。ゴールにたどり着くまでの間に何度もクルマが停止しながらもなんとか4位でフィニッシュしましたが、規程の時間を超えてしまったためにペナルティを受け、結局5位になってしまいました。ラトバラ選手はいつも最後までドキドキさせてくれます。悔しい結果ではあるけれど、なんとかリタイヤにならずに済んでひと安心です。

代わりに4位に繰り上がったのはヒュンダイのハイデン・パドン選手。最後まで頑張って走りきった後に思いもよらない幸運が舞い込んできました。

 

各選手のコメント等はこれから続々とアップデートされてきますので、次回のWRCニュースサマリーでお届けします。

 

スポンサーリンク