WRC 2015 第7戦 ポーランド DAY1

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

WRC(世界ラリー選手権) 2015 第7戦 ポーランドが開幕しました。DAY1はセレモニアルスタートと夜間ステージ1つのみです。

初日でトップに立ったのは、セバスチャン・オジェ選手。地元のヒーロー、ロバート・クビサ選手が記録したタイムを最終出走で0.5秒上回り、最後の最後で首位の座を奪いました。3位にはアンドレアス・ミケルセン選手が入り、フォルクスワーゲン勢の間にフォードが割って入る形となりました。

残念な結果となったのは、スタート当日に誕生日を迎えたシトロエンのクリス・ミーク選手。レース開始前のシェイクダウンと呼ばれるテスト走行で、スタート直後に5、6回横転する大クラッシュを起こしてしまいました。幸いクルマの修理が間に合って出走はできたものの、今度はスタートに失敗して初日は17位で終えました。

 

DAY2は8ステージ計152.54km、ロシアとニトアニアの国境近くで開催されます。日本時間7月3日(金)15時00分スタートです。

 

WRC 2015 Rally Poland クリス・ミーク選手のクラッシュシーン(ジーザス、クライスト!)

スポンサーリンク