【ラリークロス】世界ラリークロス選手権(WorldRX)第2戦モンタレグレ(ポルトガル)の感想です

世界ラリークロス選手権第2戦ポルトガル

4月22日から世界ラリークロス選手権(WorldRX)第2戦モンタレグレ(ポルトガル)が開催されました。元王者と現王者の戦いに期待が高まりましたが、結果は予想外な展開に!

スポンサーリンク

第2戦の舞台はポルトガル・モンタレグレサーキット

このコースの特徴は、スタート直後の第1コーナーに設けられたジョーカーラップ。イン側にうまく飛び込むか、加速を続けてジョーカーラップを選ぶか、アクセル全開から数秒後に大きな決断が待っています。

その後は左右のコーナーが連続する、オーバーテイクしにくいレイアウト。最終コーナーで狙いをすまし、ホームストレートからの1コーナーが見どころです。

BOMPISO WORLD RX OF PORTUGAL(FIA World Rallycross Championship)

 

予選~セミファイナル:好調フォルクスワーゲン!

今季からチームメイトとなったペター・ソルベルグ選手(Team PSRX Volkswagen Sweden:ポロ GTI)から教わったのか、1コーナー前からガッツリインベタ走行で先手を取り、そのまま逃げ切るヨハン・クリストファーソン選手(Team PSRX Volkswagen Sweden:ポロ GTI)が予選好調な滑り出し。

しかし師匠にはかなわずトップはソルベルグ選手との1 -3 体制へ。2位には初戦優勝のマティアス・エクストローム選手(Team EKS:アウディS1)が入り、予選から2強が並び立つ展開に。セミファイナルをお互い1位で通過し、ファイナルで再び火花を散らすことになります。

他に決勝に進んだのはレイニス・ニティシュ選手(アウディS1)、そしてセバスチャン・ローブ選手、ティミー・ハンセン選手(共にTeam Team Peugeot-Hansen:プジョー 208)でした。

【動画】予選Q1ハイライト

【動画】予選Q2ハイライト

【動画】予選Q3ハイライト

決勝:ライバル同士、戦略が分かれる!

イン側スタートからとなったソルベルグ選手とクリストファーソン選手は好スタートを決め、定石のインベタにつけ1コーナーをクリア。これにニティシュ選手が加わり3台が先頭グループを形成します。

一方アウト側からのスタートとなったエクストローム選手はハンセン選手、ローブ選手と共にジョーカーラップに飛び込み、追い上げる展開に。

元チャンピオンと現チャンピオンが異なる戦略に分かれてのバトルが期待されましたが、3周目を前にソルベルグ選手の左リアタイヤがパンク!クリストファーソン選手に先頭を譲り、後退していきます。

盤石の2台体制が脆くも崩れ去ってしまったフォルクスワーゲンは後続との差を広げたいところですが、逆に迫られてしまいます。

たまらず5周目でジョーカーラップを選択したクリストファーソン選手でしたが、出口の先に見えたのは栄光のゴールではなく、エクストローム選手とローブ選手の背中でした。なんとか強引にハンセン選手の前に出たものの、さすがに追いつけず3位止まり。

ローブ選手も最後まで優勝を狙いますが、ちょっとやそっとのアタックではビクともしないエクストローム選手が今季2連勝を飾りました。

最終結果は以下のリンク先でご確認ください。

Live Qualifying Results – Supercar – Montalegre(FIA World Rallycross Championship)

【動画】決勝ハイライト

 

感想

今回はソルベルグ選手の方が調子が良さそうでしたが、まさかのパンクという悔しい結果に終わってしまいました。クリストファーソン選手も予選は速いのに決勝では実力を出し切れていないようで、まだまだ伸びしろはありそうですから次回に期待しましょう。

今回印象に残ったのはエクストローム選手を最後まで責め立てるローブ選手。普段は激しいバトルを遠慮がちな彼ですが、今回は最終ストレートまでガツガツとプッシュしている姿は、今までに見たことがない新鮮なシーンでした。

しかもエクストローム選手ともども楽しんでいるようにも見えました。トップドライバー同士って言葉がなくても通じるものがあるんでしょうね。

残念だったのはアンドレアス・バックラッド選手(Team Hoonigan Racing Division:フォード フォーカス RS)。予選でジョーカーラップを忘れるという大ボケを披露してくれました。でもペナルティもらっておきながらセミファイナル進出って、普通に走ってたらどうなったんでしょう?今回はチームメイトのケン・ブロック選手もセミファイナル止まり。まだマシンとの相性に問題があるんでしょうか。早く元気な姿を決勝でも見せてほしいです。

 

おわりに

ライブ配信が日本では見られなくなってしまいましたが、YouTubeでは予選や決勝のハイライトが見られます。また、リアルタイムでラップタイムなどを確認できるライブタイミングが開始されていました。次回も多分これ眺めてます。あとは音声だけでもあれば・・・。

ライブタイミング(FIA World Rallycross Championship)

次回第3戦ホッケンハイム(ドイツ)は5月5日開催です。お楽しみに!

画像の出典:FIA World Rallycross Championship

スポンサーリンク