森野帆布さんのボディバッグが11インチMacBook Airにピッタリ過ぎる!

2017年4月17日

森野帆布

普段使いのバッグが欲しくなって探していたところ、森野帆布さんのボディバッグに出会いました。これが予想以上に便利で、どこに行くにも一緒に持ち歩くようになりました。

ノマドワーカーにもピッタリ、素敵な商品をご紹介します。

スポンサーリンク

森野帆布さんのボディバッグ

仕事で使うカバンやPCを背負って歩けるリュック、ちょっとお出かけ用の小さいバッグなどはあるけれど、カジュアルにいつでも使える丁度良い大きさのバッグがなかったので、候補に挙がったのがボディバッグ。少し大きめで手帳や文庫本を入れても余裕があるくらいのサイズを探していました。

で、購入したのがこちらです。

 

しっかりした作りに感動

黒光りするボディ普段の買い物ではあまり質感とか気にしないのですが、このバッグの場合は美しく光る黒いボディに魅せられました。

森野帆布さんの創業はなんと大正3年。その製品は旧帝国海軍でも使用されていたとか。

バッグとはいえ、海上自衛隊で使われる最強帆布生地で作られる「工業製品」みたいなものです。

それだけではなくファスナーやカラビナも頑丈な作り。何年でも使えそうな耐久性の高さを感じます。

スリムなボディにMacBook Airが入っちゃう!

MacBookも入っちゃう一番の驚きは、その絶妙な大きさ。見た目はノートPCとか入るようには思えないスリムさなので、正直考えてはいなかったのですが、大きさが近いような気がして試しに入れてみたら見事にピッタリ!

カタログサイズではバッグの幅は18cm、11インチMacBook Airの幅が19.2cmとなっていますが、バッグにはマチがあるので少しくらい大きくても実際には余裕がありました。

ただ、スリーブケースに入れたりするとギリギリかも。小物もたくさんは入らなくなるので最小限の装備で身軽に動きたい人向けです。

とはいえ手帳、メガネケース、ケーブル類を収めた小物ケースに折り畳み傘まできれいに収納できているので、宿泊でもしない限り困ることはなさそうです。

 

おわりに

実際に購入したのは新宿高島屋の東急ハンズさん。たくさんの商品から手に取って触れてみて選びました。ネットでも買えますが、偽物も出回っているそうなので注意しましょう。

スポンサーリンク