【レビュー】いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザインきちんと入門/WordPressのお供にも

最近はWordPressに触れることが多く、細かい部分はHTMLとCSSの修正が必要になります。多少理解できているとはいえ細かい部分は正直知らないものもあります。

そんなときにちょうど書籍をいただきましたので勉強することにしました。これ、かなりわかりやすい良書ですよ。

スポンサーリンク

きちんと教えてくれるHTMLの基礎知識

技術書って正直読みにくいのが多いです。最初から通して読んでいくと始めた直後は簡単なのに途中からいきなりレベルがあがるとか、あちこちに専門的な言葉が並んでいて片手で検索しながらの勉強になるとかなりの高確率で挫折します。

この書籍の場合、HTMLってなんだろう?という出だしの部分から終わりまで難しい言葉も出てこないし、淡々と読み進めることができました。緩い上り坂をテクテクと歩いていると、いつの間にか高いところまで登ってきたなー、みたいなちょっとした達成感を味わうことができます。

ある程度割り切った内容になっていて一つひとつを深いところまで掘り下げていったりはしません。それでも普段使うには必要なエッセンスはしっかり押さえてあって、しかも今後主流になりそうなFlexboxについてもちゃんと理解できるという親切さです。

 

入門にも、再入門にも

初心者でもわかるようなゆっくりと親切な説明なので、これからHTMLを覚えよう!という人は最初から自分のペースで本に沿っていけば順番に学べます。

あと知りたい部分をウェブなどで検索すると、その部分は解決しても前後の書き方がわからないことがあったりしますが、この本の場合は全体の書き方を網羅しているので遡って読んでいくと知りたい部分も書いてあって非常に助かります。

一応勉強したことあるけれど、HTMLって覚えることがいっぱいあるからすぐ忘れちゃうんですよね。そんな時はとりあえずこの本で調べてみるというのが最近のスタンダード。

初心者にもちょうど良いし、なんとなく覚えてるけどもう一度勉強しようと考えている方にもオススメします。

 

おわりに

ウェブ界隈は技術の流行り廃りが激しいんですが、HTMLの基本が変わっているわけではありません。ベースとなる知識だけでも押さえておけば大きな変革がない限りまだまだ大丈夫。ウェブ関係のお仕事をしてみたい人や、ちょっと出遅れ気味の人も今のうちにこの本を読んで追いついておきましょう。

スポンサーリンク