WRCニュースサマリー(0626)

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

第7戦ラリーポーランドを来週に控えたWRC(世界ワールドラリー選手権)ですが、今週もドライバーやチームメンバーたちのコメントをwrc.comよりピックアップしてお届けします。

 

契約延長!

Mikkelsen extends Volkswagen deal

レースドライバーにとって、強いチームとのお付き合いは非常に重要です。フォルクスワーゲンチームのアンドレアス・ミケルソン選手は現在チャンピオンシップ3位で、6戦中4戦で3位以内に入賞しているなど安定した成績を評価され、複数年の契約延長というプレゼントを26歳の誕生日にもらいました。

「チームのみんなが僕と一緒に戦いたいと思ってくれていると知って、とっても嬉しかったよ。これからも、この素晴らしいチームで進歩しながら戦い続けるチャンスを貰えたことに感謝したい。ここまで僕らは正しい道を歩み続け、これからもより良い未来に向かっていけるんだって確信できたよ」

チームディレクターのヨス・カピートさんも、チームに加入してからのミケルソン選手の活躍を賞賛してます。

「彼とは去年、そして今年と大きな成果を共に築き上げて来たからね。あとは優勝してくれるのを待つだけかな?我々チームは彼の才能と、何事にも論理的でクレバーに取り組む姿勢に感心しているよ」

同じフォルクスワーゲンチームのセバスチャン・オジェ選手とヤリマティ・ラトバラ選手も複数年契約ではないかと報じられており、盤石の布陣が簡単に崩れることはなさそうです。

 

改良型マシンで参戦!

Upgraded Hyundai for Hayden in Poland

前戦ラリーイタリアで2位表彰台をゲットし、一躍シンデレラボーイとなったヒュンダイのハイデン・パドン選手ですが、実は後半いつリタイヤになってもおかしくない状況でした。ヒュンダイのWRCカー、i20には障害物に接触するような強い衝撃を受けると、ギアボックスと呼ばれる大事なパーツの固定が緩んでしまうという問題を抱えていたのです。ヒュンダイチームのトップ、マイケル・ナンダンさんがインタビューで以下のように答えてくれました。

「確かに、我々のクルマにはそういう問題があったよ。フロント部分に強い衝撃を受けた時、クルマを保護するパーツが内部に押し込まれてギアボックスを固定しているボルト類にダメージを与えることがあったんだ」

「わたしたちは、既にこの問題の修正に取り組んでいるよ。他の2人(ダニ・ソルド選手、ティエリー・ヌービル選手)はイタリアでは改良型を乗ってもらった。彼(ハイデン・パドン選手)はまだだったけど、ポーランドからは乗れるようになるよ」

チームの2トップと同じマシンをすぐに与えてもらえるなんて、やっぱり今後も期待されているようです。

 

次から本気出す!

Tänak promises a ‘proper go’ in Poland

今季第5戦ポルトガルからニューマシンを投入したフォードチーム。イタリアでは好走を見せ、マシントラブルに見舞われるまでは表彰台を狙える位置に付けていたドライバーのオット・タナクさんは、もっとクルマのポテンシャルを引き出したいと考えているようです。

「ポルトガルでは安全第一で走って、イタリアではマシンのセットアップを詰めるために少し飛ばしてみた。なかなか良い手応えだったよ。マシントラブルでレースの結果は残念だったけど、それでも今までの中でも一番前向きになれたラリーだった。潜在能力は高いし、最初にこのマシンに出会ってからリラックスして運転ができている。もちろんフォルクスワーゲンを倒すにはもっとやるべきことはあるけれど、僕らはいいクルマを手に入れたと思うよ」

「ポーランドではもっと楽しみたいね。そしてそろそろ本気を出していくよ。忍耐強く、良い成績を出すために何ができるのかを見つめ続ける必要もある。出走順とか路面状況とか今の僕らには楽なコンディションではないけれど、できる限りのことをやっていこうと思っている」

 

どのドライバーもフォードのニューマシンに対する評価は良いようなので、早く慣れてもっと良い走りを見せて欲しいと思います。

 

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア アクションシーン

 

ハイデン・パドン選手の走り(SS20)