【WRC2016】世界ラリー選手権 第13戦 ウェールズ・ラリーGB(イギリス)の感想です(DAY2)

wrc10月28日(木)から、世界ラリー選手権(WRC)2016年シーズンの第13戦、ウェールズ・ラリーGB(イギリス)が始まりました。初日の波乱は落ち着くのでしょうか?

DAY2:こう着状態に

2日目は8ステージ99.91kmと比較的短い距離の構成。視界の悪い森林地帯を抜け、チャムリー城へと向かうルートです。天候は前日と同様に小雨に霞む山の景色となり、ミシュラン勢は全車ソフトタイヤ6本の選択。冷えた路面ではハードタイヤが固くなりすぎてグリップしないため使えないようです。

セバスチャン・オジエ選手(フォルクスワーゲン・モータースポーツ:ポロR WRC)にプレッシャーを与え続けるとの宣言通り、午前中からフルアタックのオット・タナク選手(DMACK WRT:フォード フィエスタ RS WRC)が10秒近く差を縮めてきます。さすがにオジエ選手も余裕がなくなり最後の2ステージで本気の走り。すると差はまた開き、結局DAY1とほぼ変わらない33.8秒差で二人の対決は最終日に持ち越されることになりました。

トップ争いからは1分半ほど離されているものの、3位争いも激しくなりました。ティエリー・ヌービル選手(ヒュンダイ・モータースポーツ:i20 WRC)とヘイデン・パッドン選手(ヒュンダイ・モータースポーツN:i20 WRC)のヒュンダイ同士の戦いは接戦となり、一時は3秒差にまで近づきます。しかしヌービル選手が突き放し、13秒差で決着は次の日へ。

後続にも順位変動はなくこう着状態に。それぞれ前後の順位とはタイム差が開きすぎてしまったので追いつくのも難しくなってしまいました。唯一接近してきたのはマッズ・オストベルグ選手(Mスポーツ WRT:フォード フィエスタ RS WRC)とヤリ‐マティ・ラトバラ選手(フォルクスワーゲン・モータースポーツ:ポロR WRC)です。オストベルグ選手のコ・ドライバー、オーラ・フローネ選手は前日のタイヤ交換中に毒ヘビに手を噛まれてしまい、この日はペースノートの読み上げも普通じゃなかったようです。治療を受けて良くなったとのことですが意外なところにも敵がいるものですね。さすが自然と戦うモータースポーツ。

明日の最終日もタナク選手が全開で攻める宣言しているので、どこまで迫れるかが楽しみです。

【動画】ステージ 8 – 14 ハイライト

 

【動画】ステージ 15 – 16 ハイライト

 

続きます

次回に続きます。