【フォーミュラE 2016-2017】第1戦香港の感想です

formula_e2016年10月9日に香港でフォーミュラE 2016-2017シーズンの初戦が開催されました。デザインはリニューアルされより前衛的に、そして性能もパワーアップした今年のマシンとドライバーたちによる新たな戦いの幕開けです。

スポンサーリンク

コース:1コーナーが鍵を握る?

場所は香港、九龍半島と向かい合う香港島の北部に位置するセントラル(中環)が舞台となります。

行政やビジネスの中心部として機能するこの場所の沿岸部、高さ60メートルの大観覧車の足元に設置されたサーキットは全長1.86km。路面が荒れておりマシンが滑りやすく跳ねやすいため、レース中は常に集中必至。

勝負どころは1コーナーのヘアピンと、それに続く直線からの2コーナー。コース幅も狭く、速さだけでなく飛び込む度胸も必要とされる難易度の高いレイアウトです。

【動画】香港コースレイアウト

【動画】ダリオさんの香港コースガイド

 

予選:初代チャンピオンの復活?

予選

埃っぽい路面、そして予選直前になって改修されたシケインによって、いきなり荒れた展開に。ルーカス・ディ・グラッシ選手がコース取りが変わってしまったことが影響してかウォールにヒットしてマシンを大破。ロビン・フラインス選手も全く同じ場所でクラッシュし2度の中断。この日の予選はスーパーポールが時間切れで中止になる異例の事態となりました。

予選トップは初代フォーミュラEチャンピオンのネルソン・ピケJr.選手。去年は一度も表彰台に上がれず苦しいシーズンになりましたが、今年は復活できるでしょうか。2位は同じネクストEVニオのオリバー・ターベイ選手。去年不調のチームがいきなりのフロントロー独占です。

【動画】予選ハイライト

 

決勝:神の采配

前半

スタート直後から接触事故が多発し、いろんな破片が飛び交います。ディ・グラッシ選手は2コーナーでマー・チンホワ選手と接触。予選から踏んだり蹴ったり。そんな中スタートを綺麗に決めたピケ選手がレースをリード。ペースの上がらないターベイ選手をオーバーテイクしてサム・バード選手、セバスチャン・ブエミ選手が後を追います。

ようやくレースが落ち着いたかと思われた17周目、ホセ・マリア・ロペス選手がウォールに接触。彼を周回遅れにしようとすぐ後ろに迫っていたピケ選手が行き場を失いマシンを停止。追突は免れましたが、その隙に後続2台に前に出られてしまいます。

ここでセーフティカーが入り、レースは次の局面へ。

後半

セーフティカーの入ったタイミングで、想定より早めのピットインを選択したチームが結果としては正解でした。15位にいたはずのディ・グラッシ選手が一気に9位までジャンプアップ、上位陣が全車ピットアウトした頃には彼らの前方に躍り出ていました。彼は燃費を気にしつつの走行でブエミ選手に抜かれますが、気づいてみれば2位にまで順位を上げています。

首位争いに加わっていたはずのバード選手はピットインのタイミングが悪く、しかも交換後のマシンが起動せず40秒程度のロスもあり、優勝のチャンスを失うどころかポイント圏外にまで脱落。ピケ選手も同様に復活優勝の可能性が露と消えてしまいました。

その後レースは落ち着き、ブエミ選手が初戦を制することに。2位にはディ・グラッシ選手と昨シーズン優勝争いを演じた2人が揃い踏みとなりました。この2人以外優勝してはいけないのか!と叫びたくなるほどの残酷な天の采配。3位にはこちらもピット戦略が決まったニック・ハイドフェルド選手。大番狂わせが起こりそうな予感がありましたが、終わってみれば去年の力関係そのままの1戦となりました。

【動画】決勝ハイライト

【動画】スタート直後の1コーナー(視点移動可)

順位結果

最終順位は以下でご確認ください。

開幕戦 香港大会(テレビ朝日)

 

感想

前半トップを走行していたピケ選手にとってはレース中の不運で、2位にいたバード選手はピット上の不運で優勝を取りこぼす悪夢のような初戦となりました。ただ、ピケ選手とネクストEVニオは去年全く活躍できなかったので、今年は戦力的に他チームとの差は縮まっているのかも。

それに比べ前を行くドライバーが次々と消えていくブエミ選手、後ろから2番目でスタートし、ウィング交換でピット作業が1回多いにもかかわらず2位まで浮上したディ・グラッシ選手は速いだけでなくチーム戦略も運もある強いドライバーであることを示すことになり、今年のチャンピオンシップ争いもこの2人を中心とした展開が予想されます。

WTCCから転向してきたロペス選手は、マシントラブルでも抱えていたのかスタートからズルズルと順位を落としていってしまいました。WTCCでは2014年から2年連続の世界王者で、これからの走りに期待です。

日本企業のパナソニックがスポンサーについたパナソニック ジャガーレーシングは、初戦振るわずアダム・キャロル選手が12位、ミッチ・エバンス選手が18位。ヴェンチュリーにもロームという企業がオフィシャルパートナーとして加わっており、こちらはマーロ・エンゲル選手とステファン・サラザン選手が9、10位と入賞。及び腰の国内自動車メーカーよりも先に活躍してもらいたいです。

 

おわりに

数年後には日本でも開催されると予想されているフォーミュラE、今のうちからチェックして楽しさを知っておきましょう。

第2戦マラケシュ(モロッコ)は11月12日開催です。

スポンサーリンク