【Kindle活用法】バッテリーの消費が激しい時の対処は?

2016年10月24日

tablet
安く手に入って気軽に使える「Kindle Fire」は、購入してから動画や音楽、マンガなどほぼ毎日活躍してくれています。しかし、時々バッテリーの消費が急に早くなる現象が発生し、ちょっとした悩みとなっています。

そんな場合の対処方法をご紹介します。

なぜか突然やってくる、急なバッテリー消費

あれ、いつの間にかバッテリーが切れてる。そんなときは要注意です。2、3日保っていたバッテリーが半日程度でほぼ空になってしまう現象はある日突然やってきます。

普通に充電すれば使えますが、せっかく持ち運びができるタブレット端末なのにほぼケーブルがつながっているのでは使う気力も失われてしまいます。

おかしいなぁと思ったら、以下の方法を試してみてください。

 

不要なアプリを終了する

まずは一番簡単な方法から。アプリを一度起動すると、ホーム画面に戻ったり他のアプリを使っている間も、裏でコッソリ何かしている場合があります。

一番下のボタンの右側、四角いマークをタップすると動いているアプリの一覧が表示されるので、すぐ使わなそうなものは片っ端から終了していきましょう。

再起動する

上記の方法でも改善しないようだったら再起動してみましょう。電源ボタンを長押しして一旦タブレットを終了させて、もう一度電源ボタンを押せば再起動します。

アプリを個別に終了するのが面倒な時にも使える方法です。

あやしいアプリをアンインストール

アプリによってはタブレットに高い負荷をかけるものもあります。何かアプリをインストールしたタイミングでバッテリー消費が激しったのなら、そのアプリが悪さをしているのかもしれません。必要ならしょうがないですが、あまり使用頻度が高くないのならアンインストールしましょう。

以前ニュースアプリを入れた途端にガンガンバッテリー残量が減り始めて、アンインストールしたら直ったことがありました。

 On Deck機能をオフにする

On Deck機能は動画をKindle Fireの中にダウンロードしてくれます。例えば寝てる間に動画をダウンロードしてくれて、通勤中にオフラインで映画やドラマを視聴したりできるようになるのですが、基本家でしか使わない人には恩恵は少ないです。

意外にもオンとオフのときの差はあまり感じられませんでしたが、無駄なエネルギーと通信料を使っているのは確かなので、不要ならオフにしておきましょう。

位置情報をオフにする

アプリやウェブサイトで現在位置を利用するものがいくつかありますが、ポケモンGOならともかく普段そんなに必要にならないと思います。少しでもKIndle Fireのバッテリーを長持ちさせたいのなら止めてしまいましょう。

設定メニューのワイヤレスの中でWi-FiやBluetoothと一緒にオンオフを選択できます。

SDカードを再設定

お次は意表を突いた手段。SDカードを正しく抜き差ししないとバッテリー消費が早くなるらしいです。えぇ〜、こんなんで?と思ったのですが、うちのは多分これが正解だったのではないかと思っています。

【解決】KindleFireのバッテリーがすぐなくなる人はここをチェック!(ニンニンニン)

暑さも苦手みたい

これは体感的なものなので実際にデータを取ると違う結果になるのかもしれませんが、熱いところに置いておくとバッテリーの消耗も激しいような気がします。触れてもいないのに夏は1日で切れてしまった充電も、秋になって涼しくなってくると途端に改善され放置してても2日くらいは耐えてくれるようになったりします。

なので暑いときにもう使えないから買い替えなきゃ!と判断する前に、ちょっと涼しいところに置いてみたり秋まで我慢してあげると元気になってくれるかもしれません。

 

最後の手段は「初期状態」に戻す

もうどうしても直らない場合は設定メニューの端末オプションに「工場出荷時の設定にリセット」という項目があるので一度最初に戻してみましょう。

これでダメな場合はバッテリーが弱っているのかもしれません。

 

おわりに

せっかく手に入れたので、安かったとはいえできるだけ長く使い込んでいきたいです。iPadほど何でもできるわけではありませんが、だんだん愛着も湧いてきました。今後もKindle Fireと一緒にいろんな体験をしていこうと思います。