【WRC2016】世界ラリー選手権 第11戦 ツール・ド・コルス ラリー・ド・フランスの感想です(DAY2)

wrc9月29日(木)から、世界ラリー選手権(WRC)2016年シーズンの第11戦、ツール・ド・コルス ラリー・ド・フランスが始まりました。DAY1はチャンピオンシップリーダーの圧倒的なパフォーマンスに目を奪われてしまいましたが、その牙城を崩すことはできるのでしょうか。

DAY1の感想はこちらです。

DAY2:誰も追いつけません

DAY2は4ステージ、169.04kmの工程。コルシカ島の北部にある港町バスティア近郊の山岳地帯、時折美しい建築物を間近に見られるルートを2度走行します。天気は快晴、しかし午後には雨の予報。ドライバー達は硬めのタイヤをチョイス。

前日は4ステージ全てでベストタイムを出したセバスチャン・オジエ選手(フォルクスワーゲン・モータースポーツ:ポロR WRC)でしたが、2日目の朝にようやく連続トップタイム記録が途切れます。

しかしそのドライバーたち、クリス・ミーク選手(アブダビ・トタル WRT:シトロエンDS3 WRC)はクラッシュでリタイヤ、アンドレアス・ミケルセン選手(フォルクスワーゲン・モータースポーツ2:ポロR WRC)は1分近いタイム差が付いておりオジエ選手からすると盤石の態勢は全く揺らぎません。

こうなってしまうと攻める必要はなく、ある程度余裕を持った走りのオジエ選手。それでも後続が追いつけず、2位をキープするティエリー・ヌービル選手(ヒュンダイ・モータースポーツ:i20 WRC)はようやくアンダーステアが解消できたようですが、それでも差を縮められません。3位を走るヤリ‐マティ・ラトバラ選手(フォルクスワーゲン・モータースポーツ:ポロR WRC)もリズムを掴めず、ミケルセン選手に追いつかれてしまうほど。

午後になって雨が降り、タイヤもソフトを選択するドライバーもちらほらと現れたことから大きな変動も期待されましたが、結局大きな動きはなくオジエ選手が大きなリードを保ったままDAY3へ。最終日は天候も不安定のようなので、もしかしたら脱落者が出たりするかも・・・?

面白みを失った優勝争いですが、明るい希望の光も見えてきました。期待の若手クレイグ・ブリーン選手(アブダビ・トタル WRT:シトロエンDS3 WRC)が、初のターマック戦(舗装路でのラリー)ながら5番手に。才能の片鱗をかんじられます。また初のツール・ド・コルスとなったエリック・カミリ選手(Mスポーツ WRT:フィエスタ RS WRC)も8位と健闘。

それ以上に驚きなのが、下位カテゴリのWRC2から参戦したエルフィン・エバンス選手(Mスポーツ WRT:フィエスタ R5)が10番手に入っています。去年はWRCドライバーとしてここツール・ド・コルスで2位表彰台を手にしたエバンス選手。今年はWRC2に降格となりましたが、現在タイトル争いの筆頭候補です。来季はもしかしたらトップカテゴリーに戻ってこれるかも?トヨタさん、ここにも良いドライバーいますよ〜。

 

【動画】ステージ5 – 6 ハイライト

 

【動画】ステージ7 – 8 ハイライト

 

続きます

次回に続きます。