第6回「映画について語ろう会」イベントに参加しました。

f_f_event_28_s128_f_event_28_0bg

映画関連情報が中心のサイト「Tunagu.」を運営されている”ゆっけさん”のイベント、「映画について語ろう会」の第6回に参加しました。

第6回「映画について語ろう会」

前回の第5回に初参加し、こういう面白いイベントがあるんだと知ってからは映画に対しての興味が強く、というか広がった感じがしたので、鉄は熱いうちに打て!ということで連続で参加者に加えていただくことにしました。

 

スポンサーリンク

イベントの感想

内容は4部に分かれていて、まずは「カゲヒナタのレビュー」という映画ブログを運営されていらっしゃるヒナタカさんから、最近挑戦されているという動画による映画レビューの制作方法や実践方法を教えていただきました。公開される動画の長さの何倍もの時間と労力が必要となる苦労や、それでも伝わるものは文章よりも魅力的になる可能性を知ることができました。

ユーチューバーさんたちの苦悩や、ブログで使われているイラスト(すっごく素敵なんです)は妹さんが描いていた、という裏話を聞けたりと映画だけに留まらない面白い話を聞かせていただきました。

(追記)その後は神谷さんという自主制作で映画を制作されている方のお話を聞くことができました。映画を作る苦労話やチラッと「陽が昇る前に」というご自身が手がけた作品の冒頭を観せて頂いたり。なんというか、映画愛だけで映画は作れる!という魂に触れたような気がしました。

 

次は自己紹介の時間です。今回は約20人と結構な人数が集まっていたので、4グループに分かれて、自分のこと、好きな映画のこと、そしてそれぞれの好みにあったオススメの映画を紹介しあうというアツい試み。

主催者さん側でテンプレートを用意してくれていたり時間配分まで気をつかってもらったりしていたのですが、僕のいたグループはそんなのお構いなしに盛り上がっていました。あぁ、気持ちを伝える時間が足りない。

 

3部になると、「日本俺らだけアカデミー賞(3年ぶん)を決めよう!」というイベントが始まりました。先述の「カゲヒナタのレビュー」で行われていた投票とここでの選考によって、日本俺らだけアカデミー賞が決定しました。商業的な意見を含まない真のアカデミー賞発表の瞬間に立ち会えたことに感動です。予算やスポンサーとは関係なく、いい映画はいい。純粋にそれだけで選ばれる映画があるとしたら、絶対観たいですよね。

結果はヒナタカさんのブログで公開される予定です。

 

最後の4部目はご飯を食べながらの懇談会です。「風の谷のナウシカ」でおなじみの王蟲の形をしたオムライス「王蟲ライス」を始め、映画にまつわる料理を楽しみました(画像なくてごめんなさい)。チーズケーキ美味しかったのに、もっと食べたかったのに、すごい勢いでなくなってましたよ!

ここで他のグループの人たちともゆっくり話すことができて、まったりとした時間になりました。

 

参加してみて思ったこと

約5時間にも及ぶ長時間イベントでしたが終わってみればあっという間でした。グループ分けがあった分、他のグループの人とあまり多くを話せませんでしたが(これはしょうがないですよね)、同じグループの中ではアツいトークが絶え間なく続いていました(多分一番盛り上がっていたのでは?)。前回お会いした方々にも再開できてうれしい限りです。

周囲の人たちは映画にとても詳しい人たちだったのですが、感想や説明の仕方などとっても参考になるお話を聞かせていただくことができました。

個人的には、もっともっとたくさんの映画に触れたいという思いが今まで以上に膨らみました。あと、咄嗟に予定外の行動をしてしまったりすると主催者さんに迷惑を掛けてしまうので自重しようと思います。ごめんなさい。

 

映画について話すのは、英語を話すのと少し似ているのかもしれません。伝えたいという強い思いと、伝えきれないもどかしさ。でも話さないことには伝わらないし、上達しませんからね。少しでも興味を持った何かがあるのなら、こういうイベントで体験してみるのはいい経験になると思います。自分でも何か面白い企画を立ててみたい!という気持ちも新たに生まれました。

とりあえず、僕へのオススメ映画としてプッシュされた「ロッキーホラーショー」は借りてきたので早く観たいです!

 

スポンサーリンク