「映画上映会のつくりかた」参加レポート/まずは1歩踏み出す勇気を

movie6月26日(日)、EDITORY神保町で開催された「映画上映会のつくりかた」というイベントに参加してきました。映画だけに限らず好きなことに1歩踏み出す勇気と、踏み出した先の笑顔を見つけられた素敵なイベントでした。個人的な感想を書きます。

詳しいお話は主催者の柏木さんがレポートを書いてくださっていますので、読んでみてください。

「映画上映会のつくりかた」開催レポート〜回り道がきっと、その人の個性になる〜(pokke)

スポンサーリンク

第1部 挑戦者たちの「座談会トーク」

第1部は各地から来てくださった先駆者たちのお話が聞ける座談会でした。

登壇者は「ねぶくろシネマ」薩川さん、「高田世界館」上野さん、「したコメサポーターズクラブ」谷村さん、「シネマ・カリヨン」平松さん、「トランシネマ」山内さんと実際に上映会活動をされていたり、映画館を運営されている方々がズラリ。楽しさだけではなく厳しい現実や苦労話なども聞くことができました。

お話を聞いている人の多くが(僕もその一人ですが)どうやって映画を借りているのか知りたかったと思うんですが「知り合いがいて・・・」「知り合いが・・・」「身内に業界の人がいて・・・」と羨ましい回答が。そこにちょっと壁を感じてしまいましたが、交渉の苦労は変わらないですし、今は上映会で使える業務用機器や作品のレンタルもしやすくなっているので、もっと敷居は低くなっていくでしょう。

みなさんそれぞれ自分がやりたい!という気持ちが原点にはなっていますが、その気持ちを芯にして、支えてくれる人全員の望みを形にしていったら今の場所にたどり着いた、そんな感じを受けました。だからこそ参加者を含めた関わる人たちと共に成長を続けられているんでしょうね。

資金面の厳しさについては深刻。行政とのつながりやクラウドファンディングの道もありますが、プチ上映会などを考えられている方は収益よりもまずは人とのつながりを優先していく方が大事そうですね。

 

 

第2部 ワークショップ「映画上映会を作ろう」

第2部は実際に映画上映会を企画してみよう!ということで参加者がチームを組んで一緒に考える時間でした。

最初はちょっといやらしいことを考えて、時間もないしコンパクトで現実的なアイディアの方がウケが良いかな?と思ってしまったのですが、偶然にも「川下り上映会」「船上の上映会」と海や川で観るダイナミックなアイディアが出てきて自分小さいなと反省。メンバーも全員この案に盛り上がりました。

企画に盛り込みたいアイディアが多すぎて(いろんな可能性があってターゲットを絞るのも大変!)プレゼンまでには内容を絞りきれず完全燃焼とはいきませんでしたが、思い思いの意見が無限に湧き出してくる感覚はなかなか味わえるものではありませんでした。ちなみに発表してくれたのは下北沢映画祭の委員長さん。堂々とした発表に感謝感謝です。

プレゼン後のご意見として『タイタニック』とか『船上のピアニスト』などのタイトルも挙げていただきましたが、個人的には沈没しないのがいいなぁ。

 

 

第3部 もっと話したかったね「懇談会」

ワークショップも終え、心を落ち着けて懇談会。同じグループの面々は一緒に戦った戦友ですから、すっかり打ち解けています。そしてスイーツも登場!高原の上に流れるカラフルな雲を想像していましたが、『モンスターズ・ユニバーシティ』のイメージのカップケーキだそうです。自分で撮った写真だとあんまり美味しそうに見えなかったので、実物は柏木さんの記事でお楽しみください。

あまり時間はありませんでしたが、美味しいケーキを頂きながら顔見知りの方も初めての方とも気楽にお話ができました。音楽に関わる方もお会いできて、ここに訪れた人が集まったら上映会だけでなく なんでもできちゃいそうですね。

 

 

延長戦 締めはやっぱり「一緒に映画鑑賞」

楽しい映画イベントの後は映画を観に行く人が多かったです。なので僕もこの日初めて出会ってすっかり仲良くなったお2人と一緒に次の目的地に向かうことにしました。

たどり着いたのは上野公園噴水広場。「したコメサポーターズクラブ」さんが開催する「まちかど映画会『ジョーズ』野外上映会」。

直前まで参加していたイベントでも登壇されていた谷村さんにも再びお会いでき、スクリーンチェックのお仕事をさせていただきましたよ!(映像見てただけですが)この日は暗くなるのが遅く映画鑑賞できる照度に落ちるまで時間がかかり、運営の方たちも大変そうでした。

映画の方は迫力の大画面と想像以上にクッキリ聞こえるサウンドに大満足。ジョーズの不気味な音楽が流れると子供が逃げるように走り出し、襲われてガブリと噛まれるシーンでは悲鳴と笑いが漏れ、そしてクライマックスでは拍手喝采と、みんなで一緒に観る映画の真髄がそこにありました。

船上で観るジョーズなんてのも面白そうとか考えながら、長い1日が過ぎて行きました。

 

 

おわりに

思い返せば、今回のイベントを主催した柏木さんの「映画について語ろう会」に友人に誘われて参加したのをきっかけにいろんな出会いがあって、あちこち顔を出すことになりましたが、そろそろもう一歩踏み出す時期なのかな?

このイベントで生まれた出会いも活かして、何か考えてみたいですね。

柏木さんをはじめ運営、ゲスト、協力者のみなさんお疲れさまでした。そしてありがとうございました。


PAGE TOP