WRC 2015 第6戦 イタリア 最終結果

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

4日間にわたり開催されたWRC 2015 第6戦 イタリア・サルデニア。ついに最終日を迎えました。

優勝は最後までミスをせずに完走したフォルクスワーゲンのセバスチャン・オジェ選手。一度も集中力を切らすことなく、圧巻の走りを見せてくれました。

2位はオジェ選手と中盤まで互角以上の速さをアピールしたヒュンダイのハイデン・パドン選手。後半はミスやマシントラブルに苦しみましたが、これで一気に若手有力選手の仲間入りです。

3位にはティエリー・ヌービル選手が入り、ヒュンダイは2-3フィニッシュという大きな結果を出すことができました。

 

詳細はこれからたくさん出てくると思いますので、今週のWRCニュースサマリーでお伝えします。

最終順位はこちらです