WRC 2015 第6戦 イタリア DAY3

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

WRC2015第6戦、イタリア・サルデニア。DAY3に入ると王者の底力が他を圧倒し、ついにトップの座を奪いました。多くのドライバーが難易度の高いコースに苦しみ、パンクやクルマのダメージを抱える中、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジェ選手だけはミスもマシントラブルも起こさすに、安定したハイペースで最後まで駆け抜けました。

昨夜まで首位だったヒュンダイのハイデン・パドン選手も、途中まではオジェ選手のプレッシャーを跳ね除け素晴らしい走りを披露してくれましたが、SS17でついにスピン、2位に後退してしまいます。その後もギアボックスを損傷という致命的なダメージを負いましたが、なんとか順位をキープしながらDAY3の最終ステージまで完走し、最終日に繋げることができました。以下パドン選手のインタビューより引用です。

「もう全てが終わったと思ったよ。第4戦のアルゼンチンでもギアボックスに同じ問題が発生して、その時はそれで僕たちのラリーは終わってしまったからね。だけどコ・ドライバー(ジョン・ケナード選手。助手席に座ってコースのナビゲートをする役割の人)と話し合って、オイルを継ぎ足して緩んでいる部品をストラップで動かない様に固定したんだ。正直うまくいくとは思ってなかったから、後は祈るしかなかったよ」

原文はこちらです:Paddon: ‘I thought it was all over’

パドン選手のマシンは無事サービスパークと呼ばれる修理場所まで辿り着き、最終日に備えてメカニックが復旧作業をしてくれています。最終日の走行距離は短いので、あともう少しだけクルマが耐えてくれることを祈ります。

 

3位以降は各車トラブルに遭ってしまったおかげでトップからは3分以上も離されてしまいましたが、3位はシトロエンのマッズ・オストベルグ選手、4位はヒュンダイのティエリー・ヌービル選手、そして5位はフォードのエルフィン・エバンス選手と、堅実に走る選手が名を連ねています。

調子良すぎて心配だったフォルクスワーゲンのヤリマティ・ラトバラ選手は、残念なことに予想が当たってトップから約8分遅れの7位に後退してしまいました。パンクが続いたり、ジャンプ時の着地でサスペンションを痛めてしまったりと、運もあるんでしょうがちょっと勿体無いような感じがします。せめてリタイヤにはならないように、最後までフィニッシュしてもらいたいです。

最終日のDAY4は6月14日(日) 8時16分(日本時間では15時16分)スタートです。

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア SS9-15

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア SS16-18