Amazonの電子書籍リーダーが普及しない理由を考える

KindlePaperwhite先日Kindle FireのOSがアップデートされ、SDカードにKindleの書籍データが保存できるようになりました。今までは容量の少ないメインメモリにしか保存できなかったので、持ち歩ける本の数が少ないという不満が解消され大幅な機能改善となり、これから購入される方にとっては大きな朗報です。

でも本音を言えば、活字を読むのが好きな人には電子書籍リーダーの方をおすすめしたいです。2012年にKindle Paperwhiteに購入してからずっと使い続けていますが、電子ペーパーは本当に字が読みやすいのにあまり売れている気配はありません。

電子書籍業界を牽引するAmazonなのに、どうして普及していないのか理由を考えてみます。

スポンサーリンク

良さが知られていない、伝えにくい

僕自身はいつも持ち歩いているので興味を持ってくれた人には触ってもらうようにしているのですが、個人的な経験では読書しかできない、白黒、ページめくりが遅いなどネガティブなイメージを持たれることが多いです。

本を読むために作られた製品だし、文庫本は基本白黒だし、指でページめくったって少し時間かかるでしょ?実際に何冊か読んでみるという体験をしないと欠点ばかりに目を取られて良さが伝わりにくいようです。目に優しいとかいっぱい本を持ち歩けるとか、使ってみて初めてわかることばかりですしね。

しかもポチッて手元に届くまでは触る機会がありません。Amazonが実店舗を日本でも展開し、もっと実体験してもらう必要があると思います。

 

 

製品ラインナップが雑

Kindle Fireって聞くとAmazonのタブレット端末だなってイメージしやすいですが、電子書籍リーダーの方は正直なんと呼べばいいのかわかりません。個人的にはいつもPaperwhiteに統一して説明していますが、Kindleとだけ呼ばれる製品もあればVoyage、Oasisなどが付く高機能機種も存在します。

基本となるイメージブランドがないので、購入するにもどれを買っていいのかわからない方も多いのではないでしょうか。名称をKindle Paperwhiteなどに統一して、その中で性能によってタイプ分けするなどしてはどうでしょう。

 

 

日本の文庫本の機能性は異常

洋書を買ったことがある人にはわかってもらえると思いますが、ペーパーバッグなどは紙質があまり良くないため、すぐにページが取れてしまったり破れてしまったり、紙にも厚みがあるから本自体も分厚くなるし持ち運びには向いていません。

日本の文庫だと紙質がいいもんだから長持ちするし薄くて持ち運びしやすいし、本棚に余裕があるなら電子書籍が勝てる要素はなかったりします。こればかりは日本の製本技術にひれ伏すしかありませんね。

 

 

電子書籍端末は終わってしまうのか?

すでにタブレット端末の方が安く手に入るし、多機能だし読書専用の端末を買う必要はないのかもしれません。でも活字の文化を残し広めて行くなら、電子ペーパーの質感や便利さをもっと知って楽しんでもらうことが大事なのかなと考えています。ここで電子書籍が世の中から消えてしまえば、その先への技術進歩も停滞してしまいます。

正直今の技術だと紙に勝てる気がしないのですが、そのうちA4くらいで折りたためて紙1枚くらいのもの凄い薄い端末が登場して革命が起きるんじゃないかな。そしたらようやく注目されるのかな。

 

 

おわりに

紙の本も好きです。電子書籍も好きです。紙で読みたいもの、残しておきたいものや、いつでも持ち歩きたいものなど用途に合わせて使い分けしながらこれからも両方を応援していきます。

いっそのこと、本を買ったら電子書籍も付いてきたらいいのに。

スポンサーリンク