マイナンバーのシステム障害原因と対策をよく見ると解決したように思えません

numbers今年に入ってから度々ニュースにもなっていたマンナンバーのシステム障害ですが、4月末になってようやく対策が取られたと思ったら直後に再発し、実は解決していなかった様子。

どれだけ深い闇がこのシステムの奥に隠されているのでしょうか。

スポンサーリンク

障害原因と対策を公表

4月28日に地方公共団体情報システム機構(J-LIS)から、続発していたマイナンバーのカード管理システム障害について根本的な発生原因の判明と対応策を実施したというアナウンスがありました。

カード管理システムの障害に対するお詫びとご説明(地方公共団体情報システム機構)

カード管理システムの中継サーバに生じた障害原因の特定と対応について(地方公共団体情報システム機構)

この対応によりシステムは安定稼働しましたよ、とのこと。

 

4日後にトラブル再発?

しかし4日後の5月2日には似たような障害が発生していたようです。

マイナンバーカード管理システムの遅延、5月2日も再び続出(IT pro)

この記事を読むと、処理件数が増えたから調子が悪くなったみたいだと書かれています。連休の谷間で申請する人が多かったんですかね?とりあえず連休後にトラブル続出といったニュースはなかったので、申請者も減って落ち着いたのだと信じたいです。

 

 

この資料、よく見ると解決してなくね?

一体どんな対策を講じたのだろうと、原因の特定についてアナウンスにリンクされていた資料に目を通してみました。

カード管理システムの中継サーバに生じた障害原因の特定と対応について(地方公共団体情報システム機構)

こちらは負荷テストとかしてなかったのかな〜といった内容です。全国規模のシステムだから何百人も同時に登録するテストとかは難しかったってことですかね。

気になったのはもう1つの資料の方でした。これによると上記とは別に3つの対処を行なったと書かれています。

カード管理業務の円滑化に向けて講じてきた対応策について(地方公共団体情報システム機構)

 

カード管理業務サーバの処理遅延への対応→メモリ少なくね?

マイナンバーのカード管理業務サーバが大量の通信を処理できるようにメモリ割当量を512MBから2GBに拡張したとあります。ちゃんと見積もった上での適切なメモリサイズならいいんですが、巨額を投じ、1億件以上のマイナンバーを管理するサーバが最近のノートパソコン以下というのはすごく不安です。

 

マイナンバーカードとカード管理システムのデータ不整合への対応→実は横浜と京都だけ実施

マイナンバーの交付作業が増えたりして通信が急増するとサーバに繋がりにくくなり、カード管理システムの更新は中断するのにマイナンバーに搭載されたICチップの情報更新だけが行われデータ不整合が起こっていたようです。一度こうなってしまうとカードを再発行するしかありません。

繋がりにくい場合はカード管理のシステム更新を何度かリトライするような修正をしたのだと思われますが、実施したのは横浜と京都のみ。残りは様子を見て順次対応と書かれています。でも申請のピーク過ぎちゃいましたから問題が起きるとしたら年末あたりじゃないでしょうか。その頃にまた再発する可能性があります。

そもそも今の段階で通信量の増加でトラブルってどうなんでしょう。まだカード申請者は200万人ほど。全員が使い始めたら1億3千万枚になるとして今はまだ2パーセント以下なんですが。

 

参考資料のグラフ→数字のトリックですか?

最後のグラフもなんだかおかしい。3月29日のグラフを見ると、要求電文数が12,000件を超えたところから中継サーバへの接続超過が発生しているのがわかります。で、次の4月18日のグラフを見ると、中継サーバへの接続超過が解消されている!と思ったら要求電文数が12,000件を超えた部分がありません。むしろ12,000件以下で接続超過発生しているのが逆に怖い。

システム改修前後の比較による改善結果でもなく、4月18日の電文数が少ない原因がシステム改修によるものという説明もありません。一体何を伝えたいのか、意図が全くわかりません。

 

 

おわりに

記事内で使わせていただいたIT proさんニュースには、マイナンバーの「カード管理システムは住民基本台帳ネット(住基ネット)と同じ通信回線を利用している」と書いてあるので、万が一住基ネットがちゃんと稼働していたとしても同じことが起きて結局頓挫したんじゃないかと考えてしまいます。

今年3月末までの発行目標はマイナンバーカード1,000万枚でしたが、結果はその2割程度に過ぎず今年が正念場です。しかし、これ以上利用者が増えればシステム障害再発の可能性があるシステムで、どう対応しようと考えているのでしょうか。

スポンサーリンク