WRC 2015 第6戦 イタリア DAY1

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

イタリア・サルデニア島で開催されたWRC 2015 第6戦イタリア・サルデニア。最初はセレモニアルスタートと呼ばれる、市街地を使った1ステージのみを走行しました。2台同時にスタートしての競争となり、途中ジャンプ台なども設置されていて非常に迫力のあるステージだったようです。

ここでトップに立ったのはチェコ出身のマーティン・プロコップ選手でした。フォードのニューマシンはかなり性能がいいのかもしれませんね。2番手はフォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセン選手、3番手がヒュンダイのティエリー・ヌービル選手となっています。

優勝候補のセバスチャン・オジェ選手はチームメイトのヤリマティ・ラトバラ選手と同タイムで6番手になりました。多分タイヤを長持ちさせるために序盤は無理をしない作戦なんだと思います。

事前に行われたシェイクダウン走行ではトップだったシトロエンのダニ・ソルド選手は、2番手のタイムを出しましたがスタート時にフライングしてしまってペナルティを受けることになってしまいました。

現在の順位はこちらです

 

トップ10はまだ5秒以内の接戦ですし、本格的なラリーは今日からなのでまだ誰が優勝するのかはわかりません。滑るりやすい路面に地中海の暑さ、そして長い距離と過酷な条件が揃うDAY2は6月12日(金)8時20分(日本時間では15時20分)スタートです。

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア シェイクダウン走行