メジャーデビュー決定記念!Uruさんの個人的ベスト5を発表します

pianoUruさんを知ったのは1年半くらい前のことでした。偶然Youtubeから流れてきた声に一瞬で心を奪われて、それからどれだけリピートしまくったことか。

そんなUruさんもついにメジャーデビューが決定し、6月15日にファーストシングル「星の中の君」がリリースされます。この曲は映画「夏美のホタル」の主題歌としても使われるとのことで、今まで以上にたくさんの人に声が届くのかと思うと嬉しい限り。

今回はUruさんが今までに歌った曲から、個人的ベストを5曲に厳選して発表します。

スポンサーリンク

第5位:Dragon Night / SEKAINO OWARI

当時オリジナルの方はサビの部分くらいしか知らなくて、Uruさんのカバー曲を好きになった後に本家もよく聴くようになりました。トゲトゲしくて軽い感じに捉えていたので、あまり好みのタイプじゃないと思っていたのですが、じっくり耳にしてみるとわかりやすいリズムと様々なメッセージが込められた歌詞がだんだんとクセになっていきました。

しっとりした曲が多いUruさんのレパートリーの中で、ポップで可愛らしい歌い方を楽しめる1曲です。

 

 

第4位:糸 / 中島みゆき

Uruさんを知るきっかけとなった思い出の1曲です。いろんな方がカバーしているのですが、どれを聴いてもやっぱり一番心に残っているのがUruさんの声で、歌詞のなかでも使われている仕合せ(しあわせ)という言葉の通り、運命というか巡り合いにの大きさを感じました。

フワッとした感じの歌い方の中にも芯があって、他人とのつながりの大切さを忘れそうになった時、ふと思い出します。

 

 

第3位:シュガーソングとビターステップ / UNISON SQUARE GARDEN

3位も明るめでアップテンポの曲を選びました。UNISON SQUARE GARDENさんの曲は「オリオンをなぞる」だけ知っていて、この曲は全く知らなかったです。Uruさんが歌うとどうなるのか全く想像できなかったのですが、しかもちゃんと彼女らしい曲に仕上がっていてまた新しい一面を知ることになった作品です。

複雑で忙しい展開の曲をピアノだけでここまで表現出来るアレンジ能力にも驚きました。

 

 

第2位:風の強い日 / back number

back numberさんのカバーは多くて、しかもどの曲も捨て難く1つだけにするのは心苦しいほど。「高音の花子さん」みたいな楽しい曲から「幸せ」「ヒロイン」のように胸を締め付けるようなバラードまでどれを聴いても素敵ですが、カラオケにも入ってなかったりするこの隠れた名曲を選びました。

消え入りそうな声から感情の乗ったサビの部分へと流れる進行が心を揺さぶって、ちょうど桜の散った後のこの季節に聴くといろいろ思い出してしまいます。

いつもと違う前髪の形にも注目です。

 

 

第1位:誓い / Rake

栄えある1位はRakeさんの「誓い」になりました。ぶっちゃけRakeさんも曲も全く知らなかったのですが、一度聴いただけで大好きになりました。

伴奏はピアノ奏者のHidenoriさん。決意を込められた誓いの言葉を、鍵盤の音色がそっと支えてくれているように感じられます。広がりのある音がUruさんの声とピッタリ合っていて、お二人がとても信頼しあっているのも伝わってきます。

みなとみらいの夜景をバックに、揺れる二人のシルエット。それだけでロマンチック。

 

 

おわりに

5曲だけ選ぶのって正直大変で、たくさんある中から減らしてくのは心苦しかったのですが、1週間くらい悩んだ結果こうなりました。もちろん他にも名曲が揃っていますので、自分にピッタリの曲を探してみてください。

mai Uru

スポンサーリンク