iPhone SEを買うなら大手3大キャリアとMVNOどっちがお得?

2016年3月28日

iphone

ようやく正式に発表されたiPhone SE。4インチのディスプレイサイズにiPhone6sとほぼ同等の性能を詰め込み、コンパクトなスマートフォンを望む人に取っては理想的なプロダクトなのではないでしょうか。

購入を検討するとなると、次に気になるのが通信費。いまだ多くの人がdocomo、au、ソフトバンクの3大キャリアを利用していますが、MVNO(仮想移動体通信事業者)による格安通信サービスも認知度が高まってきました。でもどれくらい安くなるのか知らなかったので実際に調べてみました。

 

スポンサーリンク

比較条件

まずは現状の確認と乗り換える際の条件を決めます。僕が利用している現状のプランをベースに比較してみますので、みなさんはご自分の料金を確認してご参考になさってください。

  • 現在の利用通信会社:au
  • au継続だと機種変更、MVNOに変えるなら乗り換え(MNP)
  • iPhone SE予想使用期間:2年
  • 容量は64GBのモデル
  • データ定額:3GB
  • 音声通話つき

 

機種代は割引が効いてauの方がお得

auで購入した場合:実質16,200円

auでiPhone SEを購入すると、本体価格は2,895円×24回払いで69,480円。2年間は毎月2,220円の割引があって合計で53,280円。差し引くと16,200円となります。安いけどこの時点でわかりにくい。2年以上使うと割引がなくなって料金が跳ね上がるのも注意です。

iPhone SE|機種代金|料金・割引(au)

 

Apple Storeで購入した場合:69,984円

MVNOですぐに使おうと思ったらSIMフリーのiPhoneを購入することになります。すると購入先はApple Storeからとなり、割引はなく64,800円×消費税8%で69,984円。それなりに高いです。

iPhone SE(Apple Store)

 

差額は53,784円!さすがに割引効果は大きい

機種代だけで比較すると差額は53,784円となり、たしかに大手キャリアの方が断然お得に感じるだけの差があります。

仮に2年使い続けるとして53,784を24で割ると2,241円。MVNOに変えて毎月通信費がこれより安くなれば頑張って乗り換えた分の元は取れることになりますね。

 

 

MVNOの通信費は機種代の差額を埋められるのか

では次に通信費を比較してみます。自分のプランを確認してみましたが、思った以上に毎月払っていました。

 

auの場合:6,696円

現在のプランは以下のようになっていました。iPhone5sを購入してから2年を過ぎているので本体割引もなく、ある意味シンプル。

  • スマートカケホ:1,700円
  • LTE NET:300円
  • データ定額3:4,200円
  • 消費税:496円

 

MVNOの場合:1,500円〜

MVNOで音声通話あり、データ容量3GBのプランをいくつかピックアップしてみました。すると驚きの結果に。

  • 楽天モバイル:1,600円(通話SIM 3.1GBパック)
  • IIJmio: 1,600円(ミニマムスタートプラン(音声通話機能つき))
  • DMM mobile: 1,500円(通話SIMプラン 3GB)

3GB/月の高速通信を使える格安SIMを比較( SIM-FANさん)

 

差額は5,000円以上!1年で元が取れちゃう

とりあえず3社ほど抜き出してみましたが、どれも予想以上の安さでした。機種代金の差額は53,784円だったので、1年で元は取れることになります。こんなに差額に開きがあるなんて想像してませんでした。

 

 

結論:面倒そうだけど、乗り換えてみる価値はある!

気をつけなければならないのは、他者への乗り換え(MNP)には料金がかかる場合がありますし、新しい会社への新規登録料が発生することもありますので、実際に乗り換えるときにはもっと検討する必要があります。それを差し引いても数万円2年間で数万円は節約できる計算になりますね。2年以上使えば大手キャリアの割引もなくなるし、さらにお得になります。

ただし、MVNOは大手キャリアから回線を借りてサービスを提供している会社なので、災害時など場合によっては意地悪をされてつながらないなんてこともあるかもしれません。もしかしたら倒産するかもしれませんし(大手キャリアだってないとは言い切れませんが)、契約の際には安さだけでなく品質や信頼性をきちんと確認したほうが良いですね。

あとは自分にあったプランを見つけるだけです。電話もしない、通信もできるだけWi-Fiを利用する!って方は500MBまで0円で利用できるSo-net 0SIMなんてサービスもありますしね。難しかった比較表もちょっと楽しく見えてきました。

 

 

おわりに

面倒なことをしてまで乗り換えをしなくてもいいと思われる方もいるでしょう。時間の節約にもなりますし立派な1つの選択肢です。

でも1度くらい、自分のスマートフォンの使い方が支払っているサービス料金に見合うものなのか考えてみるのもいいと思いますよ。

何よりも大事なのは言われるままにお金を払わされているのではなく、自らの意思で、サービスの価値に対して投資しているんだって気持ちを持つことです。

スポンサーリンク