「第4回 映画の“ある視点(テーマ)”について語ろう会」開催します【テーマは挑戦(チャレンジ)】

スポンサーリンク
映画

movieevent4月9日(土)の夜に、第4回「映画の”ある視点(テーマ)”について語ろう会」を開催します。今回のテーマは「挑戦(チャレンジ)」。新年度を迎え、新しい生活を迎える方や新しく何かを始めようとしている方、映画から成功のイメージを見つけてみませんか?

 

映画の“ある視点(テーマ)”について語ろう会」ってなに?

毎回異なるテーマを取り上げ、関連する内容の映画を題材にお互いの意見を楽しく交換しあう全員参加型のイベントです。

それぞれの映画に対する思いや一人ひとり異なる「好き」の形を、同じ趣味を持つ人同士で話し合い、わかり合うための交流の場でもあります。映画という共通のキーワードで集まった、普段は出会うことができないような人たちと接してみてください。

映画の詳しい知識は必要ありません。詳しいふりをする必要もありませんし、わからないことは知っている人から教えてもらっちゃいましょう。もちろん映画にとても詳しい方も過去には参加されているので、深い話をしたい方もきっと手応えのある会話を楽しむこともできますよ。

 

 

今回のテーマは「挑戦(チャレンジ)」

これまで「リーダーシップ」「恋愛」などを題材に取り上げてきましたが、今回は「挑戦(チャレンジ)」。このテーマから連想する映画を中心に、参加者の方々との語り合いを交えながら以下の流れで進行していきます。

 

第1部:映画座談会

最初はトークセッションから。まずはナビゲーターと特別ゲストの方から、それぞれ選んだ作品についての思いをお話しして頂きます。選ばれた映画のどんなところに惹かれたのか、心を動かされたのか、いろいろと聞いてみましょう。

 

第2部:映画ワークショップ

第2部では参加者それぞれが選んだ作品についてプレゼンして頂きます。プレゼンとはいっても堅苦しいものではなく、周囲と意見を交わしつつ自分の気持ちを伝える時間になりますので、お気軽に話してもらえたらと思います。

今もし心に浮かんだ映画のシーンやセリフがあったら、とりあえず挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

第3部:映画クイズ大会

最後はチーム形式による映画クイズです。内容は出題者しか知りません。とってもとっても難しいらしいですよ・・・。

厳しい難関を乗り越えたチームには豪華景品も用意されていますのでお楽しみに。団体戦ですしハンデも用意されていますので、映画のことを全然知らなくたって勝利の可能性はあります。

 

 

ナビゲーターと特別ゲストのご紹介

ナビゲーター:成宮秋祥さん

去年1年間で400本以上の作品を鑑賞した「歩く映画ウィキペディア」こと映画論評家の成宮秋祥さん。日本で唯一のドキュメンタリー雑誌neoneoの公式サイト「ネオネオウェブ」などで映画ライターとして活躍されています。

 

ナビゲーター:ヒナタカさん

人気映画ブログ「カゲヒナタのレビュー」を運営し、愛あるレビューで数々の映画を取り上げています。また、映画に関する総合情報を提供する「シネマズ by 松竹」などでも執筆されています。

 

特別ゲスト:高橋浩一さん

今回の特別ゲストとして登場する高橋浩一さんは「リバティー・シネマ倶楽部」という映画イベント団体を運営しており、映画によって人間同士の交流を作り出す試みをされている方です。挑戦を題材に、これまでの経験からどんな素敵なお話を聞かせて頂けるのか楽しみです。

 

 

こちらも見てくださいね

ヒナタカさんがこのイベントについての紹介を書いてくれました。申し込まれる前に一度読んでみてください。

挑戦(チャレンジ)する映画をみんなで語り合うイベントを4月9日(土)に開催します!(カゲヒナタのレビュー)

 

詳細や申し込みの受付はイベントページに用意してあります。

第4回 映画の“ある視点(テーマ)”について語ろう会(Peatix)

 

 

おわりに

どんな内容だって、自分が挑戦だと思えばオーケー。何も思い浮かばなくても、他の参加者のお話を聞いてモチベーションが高まるような映画を探してみるのだっていいんです。ちょっと面白そうだなと思ったら、ぜひ参加してみてくださいね。お待ちしております。

 

[amazonjs asin=”B01BMFKUA6″ locale=”JP” title=”クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) Blu-ray”]

[amazonjs asin=”B011TT2AQM” locale=”JP” title=”The Walk”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました