鑑定士と顔のない依頼人【iTunes今週の映画】

2016年1月27日

f_f_event_29_s128_f_event_29_1bg

iTunes今週の映画で「鑑定士と顔のない依頼人」が100円レンタル対象になっています。

先週の「わたしを離さないで」に続いてこの映画もずっと観たいと思っていたので嬉しいチョイスになりました。

ある天才美術鑑定士のもとに届いた1件の依頼。それが物語の始まりでした。女性が苦手で孤独に生きる鑑定士のヴァージルでしたが、姿を見せることのない依頼人の女性クレアに興味を抱き、徐々に惹かれていきます。いつも壁の向こうにいる顔の見えない相手との間に生まれた感情は、本物の恋なのでしょうか。そして2人をつなぐ謎と結末はいかに。

人が嫌いで絵画に囲まれて生きるヴァージルと、壁の向こうにこもりっぱなしのクレア。お互い心に壁を作ってしまう2人が、物理的な壁を挟んで対峙しながら心を開いていく。顔が見えない分、言葉同士が直接心に届いているような気持ちになったりするんですよね。わかるなぁ。そのうちどうしても会いたくなって、直接会ってみると今までの関係が変わってしまってダメになっちゃうときもありますけどね。人との付き合いって本当に難しい。

「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」などで高い評価を得たイタリアのジュゼッペ・トルナトーレ監督。音楽はイタリアの大作曲家、エンニオ・モリコーネさん。クリント・イーストウッド監督の俳優としての名を高めた「荒野の用心棒」、「夕陽のガンマン」、「続・夕陽のガンマン」などのセルジオ・レオーネ監督作品でも音楽を手がけた方でもあります。好きな映画とこんな風に繋がっている作品だと知ったら、よけいに観たくなってきました。

あまり情報収集せずに、心を空っぽにして楽しみたいと思います。

 

一言感想

頑固でチョイワル(結構悪どいけど)で女性嫌いな鑑定士のお爺ちゃんが、謎めいた依頼人の女性に興味を持っていつの間にか好きになって、孤独だった人生が少しづつ変わっていきます。映画の中のセリフにもあるけれど、お互い顔の見えないネット上の出会いに近い感じ。いくつになって恋は人を変えるものなんですね。

静かに終わると思っていた矢先、後半の展開には本当にビックリして不整脈を起こしました(心臓が変な風にパクッって鳴りました)。スッキリはしないんだけど、考え方によってはとても美しいエンディング。イタリア映画っていつも心に何か引っかかるものを残してく気がしますね。恋はいつでもミステリー。

 

映画はApple iTunes Storeからダウンロードできます。100円レンタルは通常水曜日から1週間の期間限定ですので、以下のリンク先にある「iTunesで見る」のボタンを押してレンタル価格を確認のうえ視聴してください。期間が過ぎている場合がありますのでこちらから最新の情報をご確認ください。

鑑定士と顔のない依頼人(字幕版) – ジュゼッペ・トルナトーレ

 

その他にも「映画レンタル 200円以下」特集では200円以下でレンタルできる幅広いジャンルの作品の一覧を見ることができます。ぜひお気に入りの作品を探してみてください。

 

iTunesでの映画レンタルについて詳しくは以下をご覧ください。

iTunes Store から映画をレンタルする

スポンサーリンク