世界ラリークロス選手権(WorldRX)にケン・ブロック選手がフル参戦!

2016年2月12日

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

我らがケンさんといえば、ケン・ブロックさんですよね?そんな彼が今季の世界ラリークロス選手権(WorldRX)にフル参戦すると発表しました。これって、すごく大きな意味があると考えています。

スポンサーリンク

ケン・ブロック選手って誰?

ケン・ブロック選手はアメリカを中心に活躍中のラリードライバーで、世界ラリー選手権(WRC) やラリー・アメリカなどの様々な競技に参加しています。

本気で速さを競い合う競技ではまだ無冠ですが、スタントドライバーとして見て楽しいドライビングで人気があり「ジムカーナ」シリーズはYoutubeでもトップクラスの再生回数を誇る動画となっています。

 

彼の動きでお金の流れも変わる

モータースポーツ活動には多くの資金が必要です。チームでもドライバー個人でもスポンサーを募ってお金を集めたりしないと成り立ちませんし、スポンサー側も宣伝効果がなければお金を出せない非常にシビアな世界でもあります。

ヨーロッパラリークロス選手権と呼ばれていた前時代から、FIA 世界ラリークロス選手権という世界選手権に昇格してまだ3年目を迎えたばかりで知名度も高くありません。そこにケン・ブロック選手が参戦してきたということは、彼自身もスポンサーも、先を見据えると大きなマーケットが広がっている可能性があると読んでいるわけです。

戦いの舞台がヨーロッパ中心から世界全体に広がり、加えてアメリカの人気選手が活躍してくれればアメリカからの視聴者も増えてくるでしょうから、これで宣伝効果にもなると証明できれば一気にF1のようなビジネスへと繋がっていくことができます。

 

選手たちの人生にも広がりが生まれる

現在のWorldRXチャンピオンは、スバルのドライバーでもあって日本でも人気のあった、元WRC王者のペター・ソルベルグ選手。今はラリー出身のドライバーが2連覇していますが、もっと盛り上がってくればサーキットコースを複数台のクルマが同時に走り競り合う競技から転向してくる選手も増えてくるでしょう。F1ドライバーだって興味を持っているので、近いうちにいろんな選手権のチャンピオンたちが勢ぞろいするレースになるかもしれませんよ。

ジェンソン・バトン、ラリークロスのマシンをテスト(F1-Gate.comさん)

 

おわりに

日本では全く知名度もなく、どの企業も目を向けていないカテゴリーなのですが、世界中で盛り上がってる中寂しい思いをすることにはなって欲しくないので、1社でもいいから取り組んでもらえたらいいなと思います。

近いうちに世界ラリークロス選手権のルールについても調べてみます。

スポンサーリンク