新作を観たら旧作も観てほしい【スターウォーズファン、あるいはダークサイドへの道】

f_f_event_28_s128_f_event_28_0bg

昨年12月に公開された「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」をもうご覧になった方も多いとおもいます。

楽しめたのなら、ぜひ観ていただきたい「スターウォーズ エピソード1〜6」。その魅力と、鑑賞する順番についてお話しします。

 

スポンサーリンク

新作だけで満足しちゃうともったいない!

僕も先日観てきました。旧作の思い出を盛り込みながらも、主人公が女性だったりBB-8があざとかわいかったり悪いヤツがわかりやすく悪かったり(ヘタレとの噂も)と、今までの作品を知らない人でも楽しく観られるような配慮が感じられ、それでいてJ.J.エイブラムス監督のスターウォーズ愛も伝わってきました。期待とは何かちょっと違うけど、エピソード9まで応援するよ!っていう気持ちにさせてくれました。

劇場を出たとき、年齢層や感想を話し合う会話の内容からして旧作を知っている人、知らない人が同じくらいの割合なのかなと思いました。この推測が当たっているとしたら、半分の人は旧作を知らないことになります。

もし観ていないのなら、エピソード7の余韻が残っているうちに旧作も観ておくともっと楽しめるようになりますよ。

 

 

どういう順番で観れば良いのか

そもそもエピソード4から制作されているっていうのがややこしい。基本的には以下の順番に同意です。エピソード1はまずは除外して大丈夫です。ただし、この通りに鑑賞し、もしも更にその世界観に深く入り込んでみたいと思ったら、その時はエピソード1に手を伸ばしてみましょう。予備知識がしっかりした状態であれば受け入れられるはず。

「旧・新全6作、どんな順番で観る?」スター・ウォーズ・イヤー記念連載『スター・ウォーズ』ノ・ミカタ(News ACTさん)

それでは観る順番に沿って簡単に紹介しましょう。

 

 

エピソード4〜6:宇宙を舞台に仲間や親子との絆を描くSF冒険活劇!

最初に製作、公開されたエピソード4〜6を以前は旧3部作と呼んでいましたが、新作公開によってルーク3部作とも言われるようになりました。ジョージ・ルーカス監督の壮大な構想の中で一番盛り上がりそうな箇所から作ったらこの順番になってしまったという説がありますが、まさにスターウォーズの設定上でも核となる部分になっています。

宇宙に魅せられながらも銀河辺境の星で暮らすしかなかったルーク青年が、あるきっかけによって旅立って銀河系を懸けた戦いに巻き込まれていくうち、大きな運命を背負っていることに気づきます。最初は頼りない青年だったルークが周囲に支えられながら成長し、その目的を果たすときがやってきます。

まるで本物に見えるリアルな宇宙船や戦闘シーンで観客の目を楽しませつつも、ストーリーはシンプルに少年の成長です。数々の苦難や悲しみを乗り越えて立派な騎士の姿に変わっていく、エピソード6はその頂点にあたります。

時間がなければ、とりあえずこの3作だけ押さえておけばいいです。

 

 

エピソード2〜3:語られなかった謎が明らかに!前日譚的ストーリー

ルーク3部作にはダース・ベイダーという誰がどう見ても悪役!という主人公よりも個性の強いキャラクターが存在します。エピソード2、3では、そのダース・ベイダー誕生までの秘密が解き明かされます。

こちらはアナキン3部作と呼ばれ、銀河の守護者と呼ばれる集団の一員となった主人公のアナキンを軸に、繁栄を極めた時代が徐々に終焉に向かう様が描かれています。政治的な話も多く難しいのですが、それ自体も伏線となっておりルーク3部作の重苦しい時代背景にもリンクするようになっています。

何よりもアナキンの苦悩する姿が心苦しい。愛する人を守りたい、失いたくないと願う気持ち。その思いの強さに翻弄され、最後に選択した彼の決断はいかに。

エピソード3の最後ではパズルのピースが綺麗にはまったようにエピソード4に繋がり、初めて見た時は震えるほど感動しました。悪役でありながらファンから愛され続けるダースベイダーの悲しい過去をはじめ、ルーク3部作でファンが気になっていただろう疑問への答えが込められている、ジョージ・ルーカス監督からのアンサームービーとなっています。

 

 

エピソード1:その後の歴史へとつながるスタートポイント!

アナキン3部作の最初の作品であり、スターウォーズシリーズの中で一番評価の低い作品でもあります。

エピソード2、3で活躍するアナキンの幼少時を描いており、彼の人生を大きく変えることになった出会い、そして幼いながらも大器の片りんを感じさせる大冒険を体験できます。

ジョージ・ルーカス監督お気に入りのキャラクターでありながらスターウォーズ史上最も嫌われ者のジャー・ジャー・ビンクスが登場するのもここから。シリアス路線になりがちなアナキン3部作におけるアクセントにしたかったのかなと思いますが、このエピソード1ではアナキンというラッキーキャラが存在しているため同じタイプのジャー・ジャーがうるさく見えてしまうのも確か。

待ちに待った作品だっただけに期待が高すぎたってのがあるのかもしれませんね。アナキンって名前も日本語的にちょっと下ネタっぽいし。これは関係ないか。

しかしエピソード1で明らかになった設定は後のエピソードやスピンオフ作品のクローン・ウォーズにも活かされましたし、ここにしか登場しないアナキンの師匠はエピソード6にまで及ぶ影響力。他にも数々の布石が敷かれ、長く伸びたシリーズをつなく1本の線を築くことに成功しました。そのせいでちょっと物語が難解に、複雑にもなりましたけどね。

他のエピソードを観たうえで鑑賞すると、そういうことかと納得できることも多い、深い作品なのです。

 

 

 

おわりに

もちろん、何も情報を耳にせずにエピソード7〜9までをコンプリートして、それから過去作に目を向けるのも一つの楽しみだと思います。でも映画の中だけにとどまらず外伝やパラレルワード的な作品も次々と生まれる奥深い物語、今のうちからどっぷりとハマってみるのも楽しいですよ。

そのうち下のサイトに足を踏み入れて、もう元の世界に戻れなくなるかもしれませんが。

スターウォーズの鉄人!

 

みなさんが、フォースと共にあらんことを。


スポンサーリンク