【Kindle活用法】スマホで集めた情報はKindle Fireを活用してコタツの中でまとめ読み

2015年12月24日

f_f_business_32_s128_f_business_32_0bg

Kindle Fireを購入してからというものの、いろんな使い方を毎日研究しています。今回は寒い冬にコタツやベッドの中でマッタリと過ごすための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Kindle Fireは受け身のツール

こちらの記事でも書きましたが、Kindle Fireは能動的に情報を探しに行くよりも、メディアの視聴やマンガを読むなど与えられた情報を気軽にキャッチできる受動的なツールとしての性格が強いです。

なので必要な情報の検索やニュースのピックアップは、操作が快適なスマホや大きな画面と高い性能を持つPCやMacなどに任せて、読む部分だけをKindle Fireでやってしまおうと考えました。

 

そこで登場「Pocket」アプリ

「Pocket」は、インターネット上で見つけた気になる記事を気軽にどんどん溜め込んでいき、あとからまとめて読むことができるアプリです。このアプリはKindle Fire以外にもiPhoneやAndroid、PCや Macなど多くのデバイスで利用可能です。保存した情報は共有されるので、PCから記事を登録してスマホで読んだり、スマホで発見した長いニュースを家に帰ってPCで読んだりと、いろんなスタイルに対応できる面白いツールです。しかも広告がベタベタ貼ってあるようなウェブ記事を見やすく表示する機能もあります。もちろん通常のブラウザ表示も可能です。

Googleアカウント等による認証かメールアドレスを登録すれば、すぐに使用できるようになります。

Pocket

実際につかってみた

起動は少し時間がかかるような気がしますが、標準のSilkブラウザほど遅くはありません。

post-2132_01これが実際に開いた画面。iPhone5sでもできることですが、やっぱり大画面の方が読みやすいです。外出中にサクッを目を通すならいいですが、家でマッタリしているならできるだけストレスのない方を選びたいです。

画面の大きさでいえばPCなどでもいいですが、今度は机の前に座らなければならないなど冬だと寒かったりしますよね。ノートPCくらいならコタツに持っていけますが、タブレット端末ならコタツやベッドの中で好きな体勢でリラックスしながら読めるってのが大きなアドバンテージ。もう動きたくなくなりますけど。

 

 

おわりに

安さに魅かれて買ったはいいものの、ブラウザの動作も遅いしアプリも多くないしプライムビデオくらいしか楽しめない!なんて考えている方はいませんか?確かに性能はイマイチですが、使い方一つでもっと楽しむことができますよ。

プライムビデオだけでも「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」のタイトルが一気に充実し、映画を観てるだけでも十分なんですが、Kindle Fireをもっと活用したい方はぜひ一緒にいろいろなこと、試してみましょう!

スポンサーリンク