El Capitanをインストールしてからなんとなく不便になったこと【Mac OS】

2015年10月30日

f_f_business_30_s128_f_business_30_2bg
ハードディスクがパンパンになってしまったうちのMacBook Airを救うべく、El Capitanをクリーンインストールしてから2週間ほどが経ちました。容量の方はまだ6割程度の空きがあり、心配していた動作速度の方も特に前と変わった感じはせずホッとしています。

しかし、El Capitanをインストールし新機能を満喫しているかというとそんなこともなく、逆に以前より不便になった部分もチラホラと見えてきました。

ちなみにインストールに無事成功したときの記事はこちらです。

スポンサーリンク

ライブ変換ってどうなんでしょう?

個人的に一番インパクトがあった機能がこのライブ変換でした。確かにスペースキー押さなくてもどんどん先に入力していけるし、意外と精度も高いです。でもなんというか、ちょっと気持ち悪いし誤変換を修正する時に微妙に手間がかかるんですよね。

post-1729無効にする方法は簡単です。メニューバーにある漢字変換メニューで「ライブ変換」のチェックを外せばOK。これでスペースキーによる漢字変換モードに戻すことができます。

もしかしたら慣れると楽かもしれないので、暇な時にでもたまに試してみたいと思います。俺様の入力スピードに変換がついて来れないぜ!みたいなスゴイ人ではないので。

 

 

あれ、ダッシュボードどこに行ったの?

正直あんまり出番はなかったダッシュボード。しかしサクッと電卓を使いたいときなどは無意識に3本指でシュパッとタッチパッドに指を滑らせ、チマチマと足し算引き算していたのでした。

で、今更なんですが、無くなりましたよね。

スクリーンショット 2015-10-29 9.56.04どうやら機能は残っていて、無効になっているようです。システム環境設定の中にあるMotion ControlにちゃんとDashboardという項目があり、「操作スペースとして表示」を選べば今までと同様に使うことができます。使用頻度が低いので不要だと思っていたけど、手が勝手に呼び出そうとした時は驚きました。

 

 

 

 

Firefoxでの英単語翻訳ができなくなった

post-1729_02これ、地味にイタいです。[command]+[control]+[d]を押せばすぐに単語を翻訳してくれていたのですが、どうやらFirefox上では動かなくなってしまったようです。Safariだと元気に発動するのを確認したのですが、今さらブラウザを変えるのも面倒ですし、早く対応してもらえないですかねぇ?

 

 

 

おわりに

変わっているようで地味に変化しているEl Capitan。通常の操作は影響ありませんが、手に馴染んだ操作ができなくなってしまった部分はちょっと残念でした。大抵はすぐ慣れるんでしょうけどね。今回が初めての大型アップデート体験だったのですが、次回もまた同じように小さな不満を記事にしているような予感がします。

スポンサーリンク