Kindle Fireの新製品がお手頃価格で気になります

2015年9月19日

f_f_business_32_s128_f_business_32_0bgKindle Paperwhiteを購入したのは約3年前。電子書籍で読むのはほぼ小説だろうとかなり割り切った選択でしたが、どうやら正しかったようで今でも毎日手元に置いています。

しかし、白黒表示しかできないE-インク、ページ送りも画像があると少しストレスになる遅さで、ハッキリ言うとコミックや雑誌は全く読む気になりません。もう少し電子書籍を活用したいなと思っていたら、Kindle Fireの新製品が発表されました。

 

スポンサーリンク

新しいKindle Fireはどうだろう

価格的は魅力的

正直言うとiPadが欲しいです。でもKindle Fireなら1番安いモデルなら8,980円ですし、お得な特典満載のAmazonプライム会員になれば年会費3,900円かかるけど4,000円のギフト券がもらえるので実質4,980円で買えることになります。

10.1インチディスプレイの最高級モデルでも29,980円とAndroidタブレットに比べてもお得な感じがしますね。容量はどのモデルもmicroSDカードを使えるので128GBとIPadの最高機種と同じだけの容量が確保できます。

 

サイズもお手頃

7インチだと標準的なコミックよりちょっと小さいくらいだから、雑誌とか読まないのであれば片手で持てるサイズだしちょうど良さそうです。小さいなと思うなら8インチもいいかも。

10.1インチもあれば雑誌もなんとか読めるし、コミックなんて横向きにして見開き表示してもいいですね。

 

もちろんPaperwhiteより多機能

タブレット端末なので、ブラウザでの検索やメッセージのやり取りだってできます。動画も見れるし。もちろんAmazonでお買い物もできますよ。

アプリはKindle Fireに対応している必要があるので、Appleの”App Store”やGoogleの”Google Play”で話題になっているアプリがすぐに使えない可能性があります。でもパズドラみたいな有名なゲームやGoogleマップとかメジャーなところは大体使えるようですので、そんなに心配しなくてもいいようです。

 

 

割り切ってしまえば良い買い物かもしれない

まずAmazon専用端末という認識は必要ですね。OSや性能にこだわりがあるとか、いろいろカスタマイズしたいという人には向いてなさそうです。

とりあえず電子書籍端末が欲しいとか、タブレット端末に詳しくないけどあったら便利そうだから1つ買ってみようかなって軽い気持ちで考えているはちょうどいいのかも。

9月下旬からAmazonプライム会員向けの「プライム・ビデオ」という動画配信サービスが始まるので、その評判が良ければ会員登録のついでに購入するのもいいかな?

Amazonはショッピングだけじゃなく動画や音楽配信を含めた満足度の高い多様なサービスが強みでもあるので、普段からよく使っているのなら損はしないでしょう。

 

少し本気で検討してみようと思います。

 

スポンサーリンク