Kindle

f_f_business_32_s128_f_business_32_0bg

前回の新製品も何気にコッソリだったような気もしますが、今回も突然の発表となりました。

大きな変更点はなんといっても解像度。167ppiから300ppiへと大きく進化しました。現行でもよほど目を凝らして見ない限り気になることはないのですが、ますます表示が鮮やかになるんですね。

10〜20g程度重くなってしまいましたが、大きさはほぼ変わらず。ただ価格がWifiのみキャンペーン付きで14,280円からと大幅に上がってしまったのが残念。性能アップについては触れていないので変わらずなのかな?

 

今使ってるモデルは表示速度が若干遅いことだけが唯一気になるところなので、サクサク動くとなれば食指が動いてしまいそうです。

製品へのリンクはこちらです

映画

f_f_event_29_s128_f_event_29_1bg
iTunesで「ナイトミュージアム・エジプト王の秘密」先行リリース記念として、シリーズ作品の「ナイトミュージアム」、「ナイトミュージアム2」が期間限定で100円レンタルになっています。

 

アメリカ自然史博物館 スミソニアン博物館 大英博物館と次々に大きな舞台に場所を移し、館内で毎夜繰り広げられる謎のドンチャン騒ぎ。博物館好きなくせに1作目は観たものの、なぜか2を観ていなかったのでこの機会に観てみたいです(多分あの謎の老人たちがすごく嫌いになったからだと思う)。今ならいけるはず。

ただのコメディかと思ったら、ダメ男の成長ストーリーや親子愛みたいな暖かいテーマが盛り込まれていたりと意外な良作です。

ナイト ミュージアム (日本語吹替版) – ショーン・レヴィ

ナイト ミュージアム (字幕版) – ショーン・レヴィ

ナイト ミュージアム2 (日本語吹替版) – ショーン・レヴィ

ナイト ミュージアム2(字幕版) – ショーン・レヴィ

映画

f_f_event_29_s128_f_event_29_1bg

本日からiTunes今週の映画で「幸せになるための27のドレス」が100円レンタルになっています。

 

「プラダを着た悪魔」の製作スタッフによるロマンティック・コメディということですが、そっちも観たことがないんですよね。最近、無意識的にファッション系映画を苦手としていることが明らかになったので、こういう映画もトライしてみようと思います。これはレンタルしよう。

 

幸せになるための27のドレス (字幕版) – アン・フレッチャー

幸せになるための27のドレス(日本語吹替版) – アン・フレッチャー
※100円なのは字幕版のみでした

世界ラリー選手権(WRC)

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

4日間にわたり開催されたWRC 2015 第6戦 イタリア・サルデニア。ついに最終日を迎えました。

優勝は最後までミスをせずに完走したフォルクスワーゲンのセバスチャン・オジェ選手。一度も集中力を切らすことなく、圧巻の走りを見せてくれました。

2位はオジェ選手と中盤まで互角以上の速さをアピールしたヒュンダイのハイデン・パドン選手。後半はミスやマシントラブルに苦しみましたが、これで一気に若手有力選手の仲間入りです。

3位にはティエリー・ヌービル選手が入り、ヒュンダイは2-3フィニッシュという大きな結果を出すことができました。

 

詳細はこれからたくさん出てくると思いますので、今週のWRCニュースサマリーでお伝えします。

最終順位はこちらです

世界ラリー選手権(WRC)

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

WRC2015第6戦、イタリア・サルデニア。DAY3に入ると王者の底力が他を圧倒し、ついにトップの座を奪いました。多くのドライバーが難易度の高いコースに苦しみ、パンクやクルマのダメージを抱える中、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジェ選手だけはミスもマシントラブルも起こさすに、安定したハイペースで最後まで駆け抜けました。

昨夜まで首位だったヒュンダイのハイデン・パドン選手も、途中まではオジェ選手のプレッシャーを跳ね除け素晴らしい走りを披露してくれましたが、SS17でついにスピン、2位に後退してしまいます。その後もギアボックスを損傷という致命的なダメージを負いましたが、なんとか順位をキープしながらDAY3の最終ステージまで完走し、最終日に繋げることができました。以下パドン選手のインタビューより引用です。

「もう全てが終わったと思ったよ。第4戦のアルゼンチンでもギアボックスに同じ問題が発生して、その時はそれで僕たちのラリーは終わってしまったからね。だけどコ・ドライバー(ジョン・ケナード選手。助手席に座ってコースのナビゲートをする役割の人)と話し合って、オイルを継ぎ足して緩んでいる部品をストラップで動かない様に固定したんだ。正直うまくいくとは思ってなかったから、後は祈るしかなかったよ」

原文はこちらです:Paddon: ‘I thought it was all over’

パドン選手のマシンは無事サービスパークと呼ばれる修理場所まで辿り着き、最終日に備えてメカニックが復旧作業をしてくれています。最終日の走行距離は短いので、あともう少しだけクルマが耐えてくれることを祈ります。

 

3位以降は各車トラブルに遭ってしまったおかげでトップからは3分以上も離されてしまいましたが、3位はシトロエンのマッズ・オストベルグ選手、4位はヒュンダイのティエリー・ヌービル選手、そして5位はフォードのエルフィン・エバンス選手と、堅実に走る選手が名を連ねています。

調子良すぎて心配だったフォルクスワーゲンのヤリマティ・ラトバラ選手は、残念なことに予想が当たってトップから約8分遅れの7位に後退してしまいました。パンクが続いたり、ジャンプ時の着地でサスペンションを痛めてしまったりと、運もあるんでしょうがちょっと勿体無いような感じがします。せめてリタイヤにはならないように、最後までフィニッシュしてもらいたいです。

最終日のDAY4は6月14日(日) 8時16分(日本時間では15時16分)スタートです。

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア SS9-15

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア SS16-18

世界ラリー選手権(WRC)

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

12日から本格的な戦いが始まったWRC 2015 第6戦 イタリア・サルデニア。競技は今回23のSS(スペシャルステージ)と呼ばれるコースを走り、全てのタイムの合計で競い合います。

DAY2ではSS2からSS10まで。どの選手も滑りやすい路面を慎重に走り出しました。しかし、このところ好調だったシトロエンのクリス・ミーク選手がSS2で、フォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセン選手がSS4でリタイアとなり、DAY2のラストステージではヒュンダイのダニ・ソルド選手も左リアタイヤを破損してリタイヤ。自身の復調の兆しに喜んでいたフォードのロバート・クビサ選手もSS3で路上の穴にはまってクルマを壊してしまい、走ることができなくなってしまいました。

Friday in Sardinia: the casualty list

 

ここで勢いよくトップに立ったのは、ヒュンダイの若手、ハイデン・パドン選手。ここまで2度入賞したことがありましたが、突然の飛躍に驚きです。その後続からはセバスチャン・オジェ選手とヤリマティ・ラトバラ選手のフォルクスワーゲンデュオが追いかけます。

Paddon on top in Italy

 

調子がいいと逆に心配になってしまうヤリマティ・ラトバラさんですが、一時はトップに迫るもタイヤをパンクさせてしまい、3位に後退してしまいました。幸運にもまだトップからはそれほどタイム差が離れていないので、最後まで頑張って欲しいです。

DAY3は6月13日(土)6時57分(日本時間では13時57分)スタートです。

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア SS1-5

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア SS6-8

世界ラリー選手権(WRC)

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

イタリア・サルデニア島で開催されたWRC 2015 第6戦イタリア・サルデニア。最初はセレモニアルスタートと呼ばれる、市街地を使った1ステージのみを走行しました。2台同時にスタートしての競争となり、途中ジャンプ台なども設置されていて非常に迫力のあるステージだったようです。

ここでトップに立ったのはチェコ出身のマーティン・プロコップ選手でした。フォードのニューマシンはかなり性能がいいのかもしれませんね。2番手はフォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセン選手、3番手がヒュンダイのティエリー・ヌービル選手となっています。

優勝候補のセバスチャン・オジェ選手はチームメイトのヤリマティ・ラトバラ選手と同タイムで6番手になりました。多分タイヤを長持ちさせるために序盤は無理をしない作戦なんだと思います。

事前に行われたシェイクダウン走行ではトップだったシトロエンのダニ・ソルド選手は、2番手のタイムを出しましたがスタート時にフライングしてしまってペナルティを受けることになってしまいました。

現在の順位はこちらです

 

トップ10はまだ5秒以内の接戦ですし、本格的なラリーは今日からなのでまだ誰が優勝するのかはわかりません。滑るりやすい路面に地中海の暑さ、そして長い距離と過酷な条件が揃うDAY2は6月12日(金)8時20分(日本時間では15時20分)スタートです。

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア シェイクダウン走行

 

映画

f_f_event_28_s128_f_event_28_0bg
スターウォーズファンにとっては面白いニュースがありました。

1977年に公開され世界中を驚かせたSF映画「スターウォーズ・エピソード4:新たなる希望」のドラフト版の脚本が発見され、長年にわたりファンの間で論争が続いてきたあるシーンの解釈に結論が出たとのことです。

世界ラリー選手権(WRC)

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

WRC 2015 第6戦 イタリア開幕

イタリアにあるサルデニア島(英語の発音ではこんな感じでした)で開催される、WRC 第6戦イタリア。 前戦のポルトガルに続き路面がとても滑りやすく、今シーズンこれまでで一番の走行距離という条件もあって、最もタフなレースだと答えるドライバーもチラホラいます。

去年から走行コースの4分の3以上が変更され、コースの慣れという意味ではどのドライバーも互角の条件になります。 また、タイヤの消耗も激しいと予想されているので、タイヤの負担やペース配分も勝利の重要な要因になり、混戦も予想されます。

去年はセバスチャン・オジェ選手だけがミスもトラブルもなく圧勝でしたが、今年も引き続き彼が優勝候補です。ポルトガルで今季初優勝となったチームメイトのヤリマティ・ラトバラ選手も勢いに乗れば速いですし、今シーズン安定しているアンドレアス・ミケルセン選手もそろそろ初優勝が欲しいところ。前戦表彰台を独占したフォルクスワーゲンチームの3人にどうしても注目が集まります。

しかし、マシンをアップデートしたシトロエンやフォードも大きくタイム差を付けられないようにすればチャンスはあるはず。あとはフォードの支援を受けて自分のチームを建て直し中のロバート・クビサさんも復調気味です。元F1ドライバーの速さは全然失われていないので、ミスなく走ってくれれば結果は付いてきますから焦らず最後まで走りきって欲しいなと思います。

ラリーイタリア・サルデニアは6月11日(日本時間6月12日の午前2時半)スタートです。

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア プレビュー

映画

f_f_event_29_s128_f_event_29_1bg

本日からiTunes今週の映画で「キックアス」が100円レンタルになっています。

心に残る名作ばかり紹介されるのかと思っていたら、意外な映画が選ばれていました。ある意味名作ではありますけどね。この映画でブレイクしたクロエ・グレース・モレッツさんに魅了された人も多いはず。演技力も高いですし、武器の扱い方なんかホントに人殺せそうなくらい手慣れてます。それだけ真剣に撮影に取り組んでいたんだなぁと思うと頭が上がりません。ポップコーン食べながら、みたいな軽いノリで観るのが一番楽しいと思います。

 

キック・アス(字幕版) – マシュー・ヴォーン