最新の記事

映画

f_f_event_29_s128_f_event_29_1bg

本日からiTunes今週の映画で「少女は自転車に乗って」が100円レンタルになっています。

戒律の厳しいイスラム教の国、サウジアラビア。そこでは女性が一人で歩くことも車に乗ることもタブーとされていました。そんな世界の中で、一人の少女が抱いた自転車に乗りたいという憧れ。はたして彼女の夢は実現するのでしょうか。

 

イスラム教って怖いと感じる人もいるかもしれません。でも映画はもっと違う側面から現実を教えてくれます。もちろん作り物のなので真実の姿とは少し違うのかもしれませんけど、多くの人に、あれ?こんな世界でもあるんだなって興味を持つきっかけになるといいなと思います。

 

以前、神田の映画館で上映されていたような気がします。結局観に行けませんでしたが。先週の「幸せになるための27のドレス」もレンタルしてまだ観てないけど、これもレンタルしておこうかな。

 

少女は自転車に乗って(字幕版) – ハイファ・アル=マンスール

世界ラリー選手権(WRC)

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

競技に参加した選手にもクルマにとっても過酷な戦いとなった、WRC第6戦イタリア・サルデニア。WRC.comのニュースから各ドライバーの声をピックアップしてお届けします。多くの意訳を含んでいますが、 そこは英語の勉強中ということでご容赦ください。

 

「まぐれじゃないよ!」

Paddon: Italy result was no one-off

優勝には届かなかったものの、誰もの予想を超える2位という成績で一躍スターの座に躍り出たハイデン・パドン選手。自分でも驚くような結果だったようですが、気持ちは更に高みを目指しているようです。

「本当に信じられないような週末だったね。もちろん、僕のドライバーとしてのキャリアの中でも特別さ。今年の目標としていた結果よりも上だった。これで今期後半戦のハードルがより高くなってしまったかな? もちろん僕たちはもっと表彰台に昇るために頑張るよ」

「今回の結果はまぐれなんかじゃないさ!でもこれで浮かれないようにしっかり現実を見て、地に足を付けて着実に成長していこうと考えているよ 」

残りのレースにはポーランド、フィンランド、そして彼の地元ニュージーランドに近いオーストラリアと、まだ得意とするコースがいくつも残っています。トップドライバーたちも油断していると、今回のように首位の座を脅かされるかもしれません。

 

「手を抜く気はないね」

Ogier’s warning to championship rivals

イタリアでも異次元の強さを見せたフォルクスワーゲンチームのセバスチャン・オジェ選手。チャンピオンシップではすでに2位のマッズ・オストベルグ選手に2倍近いポイントの差をつけていますが、今後も手加減する気はなさそうです。

「まだチャンピオンは決まっていないんだから、1ポイントでも多く奪いにいくつもりだよ。この競技はアンラッキーなことがいつ起きるかわからないからね。今のところ僕らの方針はとてもうまくいっているから、考えを変える必要もないしね」

この貪欲なまでに勝利に拘る姿勢も、オジェさんの強さの要因の一つだと思います。時には嫌悪されると知りつつも、頑なに自分の理想を貫こうとする精神力はまさに王者の証。そして自分自身にも対しても厳しい態度を崩しません。

「まだまだ完璧な走りではないね。深刻ではなかったけど小さなミスがいくつもあった。悪い路面状況に、僕らはとにかく冷静に対処しなければならなかったよ。サルデニアのようなラフな路面での勝利の秘訣は、無理にプッシュするより、とくかくマシンを無事にゴールまで届けるのが一番重要だからね」

彼の言う”無理しない”は他のドライバーにとってかなりのハイペースになんだと思いますが。まだまだ簡単にはトップの座を明け渡してくれはしないようです。

 

「日焼け止めが・・・」

Sun screen slip trips up Østberg

最終日に表彰台を目前にしながらコースアウトしてしまい、結局5位フィニッシュとなったシトロエンのマッズ・オストベルグ選手。重要な場面でのミスは日焼け止めクリームが原因だった?

「耳に日焼け止め用のクリームを塗ったんだ。ひどく日焼けしてしまってね。そしたら無線のイヤホンがツルツル滑って、ステージの途中で外れちゃったんだよ!」

「片耳は聞こえるし、それだけが原因じゃないけどね。ペースノート(コースの状況を細かく記したメモ。助手席に座るコ・ドライバーが読み上げてドライバーの運転をナビゲートします)も正確じゃなかったし。でもイヤホンに気を取られて集中力を少し書いてしまったのは事実かな」

他のドライバーはヘルメットに内蔵されたヘッドセットを使いますが、オストベルグさんだけは耳栓みたいなイヤープラグがお気に入り。誰にもわかってもらえない悩みですね。

「去年も使ってたんけど、こんなトラブルは初めてだよ!」

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア SS19-23

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア レビュー

映画

f_f_event_28_s128_f_event_28_0bg

映画関連情報が中心のサイト「Tunagu.」を運営されている”ゆっけさん”のイベント、「映画について語ろう会」の第6回に参加しました。

第6回「映画について語ろう会」

前回の第5回に初参加し、こういう面白いイベントがあるんだと知ってからは映画に対しての興味が強く、というか広がった感じがしたので、鉄は熱いうちに打て!ということで連続で参加者に加えていただくことにしました。

 

イベントの感想

内容は4部に分かれていて、まずは「カゲヒナタのレビュー」という映画ブログを運営されていらっしゃるヒナタカさんから、最近挑戦されているという動画による映画レビューの制作方法や実践方法を教えていただきました。公開される動画の長さの何倍もの時間と労力が必要となる苦労や、それでも伝わるものは文章よりも魅力的になる可能性を知ることができました。

ユーチューバーさんたちの苦悩や、ブログで使われているイラスト(すっごく素敵なんです)は妹さんが描いていた、という裏話を聞けたりと映画だけに留まらない面白い話を聞かせていただきました。

(追記)その後は神谷さんという自主制作で映画を制作されている方のお話を聞くことができました。映画を作る苦労話やチラッと「陽が昇る前に」というご自身が手がけた作品の冒頭を観せて頂いたり。なんというか、映画愛だけで映画は作れる!という魂に触れたような気がしました。

 

次は自己紹介の時間です。今回は約20人と結構な人数が集まっていたので、4グループに分かれて、自分のこと、好きな映画のこと、そしてそれぞれの好みにあったオススメの映画を紹介しあうというアツい試み。

主催者さん側でテンプレートを用意してくれていたり時間配分まで気をつかってもらったりしていたのですが、僕のいたグループはそんなのお構いなしに盛り上がっていました。あぁ、気持ちを伝える時間が足りない。

 

3部になると、「日本俺らだけアカデミー賞(3年ぶん)を決めよう!」というイベントが始まりました。先述の「カゲヒナタのレビュー」で行われていた投票とここでの選考によって、日本俺らだけアカデミー賞が決定しました。商業的な意見を含まない真のアカデミー賞発表の瞬間に立ち会えたことに感動です。予算やスポンサーとは関係なく、いい映画はいい。純粋にそれだけで選ばれる映画があるとしたら、絶対観たいですよね。

結果はヒナタカさんのブログで公開される予定です。

 

最後の4部目はご飯を食べながらの懇談会です。「風の谷のナウシカ」でおなじみの王蟲の形をしたオムライス「王蟲ライス」を始め、映画にまつわる料理を楽しみました(画像なくてごめんなさい)。チーズケーキ美味しかったのに、もっと食べたかったのに、すごい勢いでなくなってましたよ!

ここで他のグループの人たちともゆっくり話すことができて、まったりとした時間になりました。

 

参加してみて思ったこと

約5時間にも及ぶ長時間イベントでしたが終わってみればあっという間でした。グループ分けがあった分、他のグループの人とあまり多くを話せませんでしたが(これはしょうがないですよね)、同じグループの中ではアツいトークが絶え間なく続いていました(多分一番盛り上がっていたのでは?)。前回お会いした方々にも再開できてうれしい限りです。

周囲の人たちは映画にとても詳しい人たちだったのですが、感想や説明の仕方などとっても参考になるお話を聞かせていただくことができました。

個人的には、もっともっとたくさんの映画に触れたいという思いが今まで以上に膨らみました。あと、咄嗟に予定外の行動をしてしまったりすると主催者さんに迷惑を掛けてしまうので自重しようと思います。ごめんなさい。

 

映画について話すのは、英語を話すのと少し似ているのかもしれません。伝えたいという強い思いと、伝えきれないもどかしさ。でも話さないことには伝わらないし、上達しませんからね。少しでも興味を持った何かがあるのなら、こういうイベントで体験してみるのはいい経験になると思います。自分でも何か面白い企画を立ててみたい!という気持ちも新たに生まれました。

とりあえず、僕へのオススメ映画としてプッシュされた「ロッキーホラーショー」は借りてきたので早く観たいです!

 

Kindle

f_f_business_32_s128_f_business_32_0bg

前回の新製品も何気にコッソリだったような気もしますが、今回も突然の発表となりました。

大きな変更点はなんといっても解像度。167ppiから300ppiへと大きく進化しました。現行でもよほど目を凝らして見ない限り気になることはないのですが、ますます表示が鮮やかになるんですね。

10〜20g程度重くなってしまいましたが、大きさはほぼ変わらず。ただ価格がWifiのみキャンペーン付きで14,280円からと大幅に上がってしまったのが残念。性能アップについては触れていないので変わらずなのかな?

 

今使ってるモデルは表示速度が若干遅いことだけが唯一気になるところなので、サクサク動くとなれば食指が動いてしまいそうです。

製品へのリンクはこちらです

映画

f_f_event_29_s128_f_event_29_1bg
iTunesで「ナイトミュージアム・エジプト王の秘密」先行リリース記念として、シリーズ作品の「ナイトミュージアム」、「ナイトミュージアム2」が期間限定で100円レンタルになっています。

 

アメリカ自然史博物館 スミソニアン博物館 大英博物館と次々に大きな舞台に場所を移し、館内で毎夜繰り広げられる謎のドンチャン騒ぎ。博物館好きなくせに1作目は観たものの、なぜか2を観ていなかったのでこの機会に観てみたいです(多分あの謎の老人たちがすごく嫌いになったからだと思う)。今ならいけるはず。

ただのコメディかと思ったら、ダメ男の成長ストーリーや親子愛みたいな暖かいテーマが盛り込まれていたりと意外な良作です。

ナイト ミュージアム (日本語吹替版) – ショーン・レヴィ

ナイト ミュージアム (字幕版) – ショーン・レヴィ

ナイト ミュージアム2 (日本語吹替版) – ショーン・レヴィ

ナイト ミュージアム2(字幕版) – ショーン・レヴィ

映画

f_f_event_29_s128_f_event_29_1bg

本日からiTunes今週の映画で「幸せになるための27のドレス」が100円レンタルになっています。

 

「プラダを着た悪魔」の製作スタッフによるロマンティック・コメディということですが、そっちも観たことがないんですよね。最近、無意識的にファッション系映画を苦手としていることが明らかになったので、こういう映画もトライしてみようと思います。これはレンタルしよう。

 

幸せになるための27のドレス (字幕版) – アン・フレッチャー

幸せになるための27のドレス(日本語吹替版) – アン・フレッチャー
※100円なのは字幕版のみでした

世界ラリー選手権(WRC)

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

4日間にわたり開催されたWRC 2015 第6戦 イタリア・サルデニア。ついに最終日を迎えました。

優勝は最後までミスをせずに完走したフォルクスワーゲンのセバスチャン・オジェ選手。一度も集中力を切らすことなく、圧巻の走りを見せてくれました。

2位はオジェ選手と中盤まで互角以上の速さをアピールしたヒュンダイのハイデン・パドン選手。後半はミスやマシントラブルに苦しみましたが、これで一気に若手有力選手の仲間入りです。

3位にはティエリー・ヌービル選手が入り、ヒュンダイは2-3フィニッシュという大きな結果を出すことができました。

 

詳細はこれからたくさん出てくると思いますので、今週のWRCニュースサマリーでお伝えします。

最終順位はこちらです

世界ラリー選手権(WRC)

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

WRC2015第6戦、イタリア・サルデニア。DAY3に入ると王者の底力が他を圧倒し、ついにトップの座を奪いました。多くのドライバーが難易度の高いコースに苦しみ、パンクやクルマのダメージを抱える中、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジェ選手だけはミスもマシントラブルも起こさすに、安定したハイペースで最後まで駆け抜けました。

昨夜まで首位だったヒュンダイのハイデン・パドン選手も、途中まではオジェ選手のプレッシャーを跳ね除け素晴らしい走りを披露してくれましたが、SS17でついにスピン、2位に後退してしまいます。その後もギアボックスを損傷という致命的なダメージを負いましたが、なんとか順位をキープしながらDAY3の最終ステージまで完走し、最終日に繋げることができました。以下パドン選手のインタビューより引用です。

「もう全てが終わったと思ったよ。第4戦のアルゼンチンでもギアボックスに同じ問題が発生して、その時はそれで僕たちのラリーは終わってしまったからね。だけどコ・ドライバー(ジョン・ケナード選手。助手席に座ってコースのナビゲートをする役割の人)と話し合って、オイルを継ぎ足して緩んでいる部品をストラップで動かない様に固定したんだ。正直うまくいくとは思ってなかったから、後は祈るしかなかったよ」

原文はこちらです:Paddon: ‘I thought it was all over’

パドン選手のマシンは無事サービスパークと呼ばれる修理場所まで辿り着き、最終日に備えてメカニックが復旧作業をしてくれています。最終日の走行距離は短いので、あともう少しだけクルマが耐えてくれることを祈ります。

 

3位以降は各車トラブルに遭ってしまったおかげでトップからは3分以上も離されてしまいましたが、3位はシトロエンのマッズ・オストベルグ選手、4位はヒュンダイのティエリー・ヌービル選手、そして5位はフォードのエルフィン・エバンス選手と、堅実に走る選手が名を連ねています。

調子良すぎて心配だったフォルクスワーゲンのヤリマティ・ラトバラ選手は、残念なことに予想が当たってトップから約8分遅れの7位に後退してしまいました。パンクが続いたり、ジャンプ時の着地でサスペンションを痛めてしまったりと、運もあるんでしょうがちょっと勿体無いような感じがします。せめてリタイヤにはならないように、最後までフィニッシュしてもらいたいです。

最終日のDAY4は6月14日(日) 8時16分(日本時間では15時16分)スタートです。

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア SS9-15

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア SS16-18

Swift(iPhone)

f_f_business_31_s128_f_business_31_0bg

アプリの設定を記録するための方法はいろいろありますが、プロパティリスト(plist)というのは初期設定など後で変更しない内容をまとめておくのに向いています。ただ、ディクショナリーだとかアレイだとか、それぞれ読み込み方法が異なったりするので、ちょっとまとめてみようと思います。

※Swift2.0に対応しました。

世界ラリー選手権(WRC)

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg

12日から本格的な戦いが始まったWRC 2015 第6戦 イタリア・サルデニア。競技は今回23のSS(スペシャルステージ)と呼ばれるコースを走り、全てのタイムの合計で競い合います。

DAY2ではSS2からSS10まで。どの選手も滑りやすい路面を慎重に走り出しました。しかし、このところ好調だったシトロエンのクリス・ミーク選手がSS2で、フォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセン選手がSS4でリタイアとなり、DAY2のラストステージではヒュンダイのダニ・ソルド選手も左リアタイヤを破損してリタイヤ。自身の復調の兆しに喜んでいたフォードのロバート・クビサ選手もSS3で路上の穴にはまってクルマを壊してしまい、走ることができなくなってしまいました。

Friday in Sardinia: the casualty list

 

ここで勢いよくトップに立ったのは、ヒュンダイの若手、ハイデン・パドン選手。ここまで2度入賞したことがありましたが、突然の飛躍に驚きです。その後続からはセバスチャン・オジェ選手とヤリマティ・ラトバラ選手のフォルクスワーゲンデュオが追いかけます。

Paddon on top in Italy

 

調子がいいと逆に心配になってしまうヤリマティ・ラトバラさんですが、一時はトップに迫るもタイヤをパンクさせてしまい、3位に後退してしまいました。幸運にもまだトップからはそれほどタイム差が離れていないので、最後まで頑張って欲しいです。

DAY3は6月13日(土)6時57分(日本時間では13時57分)スタートです。

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア SS1-5

 

WRC 2015 イタリア・サルデニア SS6-8