最新の記事

映画

f_f_event_29_s128_f_event_29_1bg

iTunes今週の映画で「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」が100円レンタル対象になっています。

主人公の石神武人が帰宅すると、そこには殺害された妻の姿が。その時に電話が鳴り、撮ってみると電話の向こうからは妻の声が。突如謎の男たちに追われ混乱していく記憶の中には自分の知らない自分が眠っていることに気づきます。自らが何者なのか、一体何を知って何を失ってしまったのか。謎が謎を呼ぶサスペンス映画です。

iTunes今週の映画では久しぶりの邦画(韓国との合作だけど)となりました。司城志朗(つかさきしろう)さん原作の小説「ゲノムハザード」を、「美しき野獣」などで知られるキム・ソンス監督が映像化した日韓合作映画で、主演は今年ご結婚されたことでも話題になった西島秀俊さん。真木よう子さん、キム・ヒョジンさんなど女性陣も美人揃いです。

正直この映画については何も知らないのですが、タイトルからして主人公はどうやら天才科学者のようですね。そしてゲノムという言葉。冒頭で起こる殺人事件と、殺されたはずの妻からかかってくる電話。もしかしてクローン技術の開発?だとしたら身近な人間を実験台にしたんでしょうか?そして主人公はなぜ記憶を失ってしまったのか。なぜ追われていく中で蘇る過去に何が隠されているのかなど、観る前から想像力全開になります。絶対最後にどんでん返しがあるパターンだ、これは。

韓国が絡んでくることで日本単体よりも裏社会の重さみたいなものが大きくなって深みが出るような気がします。最近ご無沙汰だった韓国映画も久しぶりに観たくなりました。

 

映画はApple iTunes storeからダウンロードできます。100円レンタルは通常水曜日から1週間の期間限定ですので、以下のリンク先にある「iTunesで見る」のボタンを押してレンタル価格を確認のうえ視聴してください。

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 – キム・ソンス

 

11/4現在、過去に取り上げたキャンペーンで続いているものがありますので、ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

スリー・キングス(字幕版) – デイビッド・O・ラッセル

 

iTunesでの映画レンタルについて詳しくは以下をご覧ください。

iTunes Store から映画をレンタルする

 

WordPress

f_f_business_30_s128_f_business_30_2bg

この前サーバーサイドのお仕事があったんですが、Macのクリーンインストール直後だったためにテキストエディタすらダウンロードしていない状態で、いっそのことサーバー上でvimエディタで作業しようかなと思いました。

しかし部分的に手が覚えているものの操作方法をほぼ忘れている状態で結構苦労しました。WordPressで細かい設定を変更するときにも役に立つと思うので、個人的に最低限これくらいあれば大丈夫!というコマンドをまとめました。

英語

読書

週末に本棚を整理していたら、持っていたことをすっかり忘れていた本が数冊出てきました。英語の文章を読むのが苦手なとき、非常に勇気付けられたペンギンリーダーズというシリーズの本です。懐かしくてまた読み始めてしまいましたので、せっかくなので紹介したいと思います。

テクノロジー

f_f_business_30_s128_f_business_30_2bg
ハードディスクがパンパンになってしまったうちのMacBook Airを救うべく、El Capitanをクリーンインストールしてから2週間ほどが経ちました。容量の方はまだ6割程度の空きがあり、心配していた動作速度の方も特に前と変わった感じはせずホッとしています。

しかし、El Capitanをインストールし新機能を満喫しているかというとそんなこともなく、逆に以前より不便になった部分もチラホラと見えてきました。

ちなみにインストールに無事成功したときの記事はこちらです。

映画

f_f_event_29_s128_f_event_29_1bg
iTunes Essentialsで「ロッキーホラーショー」が100円レンタル対象になっています。

婚約が決まったばかりのごく普通の男女がドライブしていたところ、急に車が止まってしまいます。激しい雨の降る夜、助けを呼ぶために電話を借りようと近くの家を探してみると、そこには怪しげな洋館があり、怪しげな宴の繰り広げられている最中でした。なぜか気に入られた2人は中に案内され、面白いものを見せてあげようとある部屋に誘われます。館の主人はマッド・サイエンティストで、今まさに人造人間が誕生しようとしていたのでした・・・。

真っ赤な唇と怪しげなナレーションから始まるという開始早々何か危険を感じる作品。ホラーにありがちな序盤の展開かなと思わせておきながら、館の中で繰り広げられる出来事は通常の人間では想像もできない世界になっています。ミュージカルでもあり、コメディでもあり、SF、ホラーや恋愛(?)などジャンルを超越した面白さを詰めこんだ、濃ゆ〜い映画です。

実は夏に借りて観たのですが、100円で借りられるならもう一度観てみようかなという気持ちになっています。

 

アメリカではみんなで集まってツッコミを入れながら観るのがすっかり定着してしまったという参加型映画。10/30にはなんと新宿シネマートさんでも上映されるようですので、参加される方にとっては予習するにもピッタリのタイミングですね。

内容はハッキリと好き嫌いが分かれると思うので、まず予告を確認してみてください。ただならぬ雰囲気が伝わると思いますので、あとはときめくかときめかないか各自の判断でその後の行動を決めましょう。友人と一緒に夜中の変なテンションで観ると絶対楽しそう。この映画を観ている自分を見られるのが恥ずかしいようなしますけどね。

 

映画はApple iTunes storeからダウンロードできます。いつ終了するかは不明ですので、以下のリンク先にある「iTunesで見る」のボタンを押してレンタル価格を確認のうえ視聴してください。

ロッキー・ホラー・ショー (字幕版) – ジム・シャーマン

 

ハロウィン期間中は「 ホラー映画レンタル100円特集」もやってますので、ぜひチェックしてみてください。また、こちらの「映画レンタル200円以下特集」でもたくさんの映画がお手頃価格で観られます。

 

iTunesでの映画レンタルについて詳しくは以下をご覧ください。

iTunes Store から映画をレンタルする

 

映画

f_f_event_29_s128_f_event_29_1bg

iTunes今週の映画で「ティム・バートンのコープスブライド」が100円レンタル対象になっています。

両家の思惑によって結婚させられることになったヴィクターとヴィクトリア。どうしても誓いの言葉がうまく言えないヴィクターが森の中で式の練習をしていると、思わぬきっかけで死者の花嫁に求婚してしまい死者の国へと連れ去られてしまうのでした。

 

現在ハロウィン期間限定のホラー映画特集が開催されています。対象の作品をチェックしてみるとティム・バートン作品がなくて残念だなんて思っていたら、意表をついて今週の映画で100円レンタルが始まりました。

実はずっとホラーが苦手だったのでティム・バートン作品といえば「チャーリーとチョコレート工場」くらいしか観たことなかったりするんです。今年に入ってホラー映画に対する苦手意識が払拭できたのと、去年の今頃ティム・バートン展に行ってから気になっていた映画だったので、このチョイスに歓喜しています。

 

主演の声を務めるのはティム・バートン監督と親交があり、「アリス・イン・ワンダーランド」など多くの作品に出演しているジョニー・デップさん。花嫁役の声は「ハリー・ポッター」シリーズでベラトリックス・レストレンジの怖い演技がハマり役だったヘレナ・ボナム=カーターさん。そういえば監督と付き合ってたんでしたね。そのせいかジョニー・デップさんとの共演も多いような。

ティム・バートン監督が持つ唯一無二の世界観と皮肉の中に隠された優しさが、この映画ではどんな風に発揮されているのか、観るのがとても楽しみです。できれば「フランケン・ウィニー」とか、12月が近づいてきた頃に「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」なんて観れたらいいのにな。

映画はApple iTunes storeからダウンロードできます。100円レンタルは通常水曜日から1週間の期間限定ですので、以下のリンク先にある「iTunesで見る」のボタンを押してレンタル価格を確認のうえ視聴してください。

ティム・バートンのコープスブライド(字幕版) – ティム・バートン & マイク・ジョンソン

 

ハロウィン期間中は「 ホラー映画レンタル100円特集」もやってますので、ぜひチェックしてみてください。また、こちらの「映画レンタル200円以下特集」でもたくさんの映画がお手頃価格で観られます。

iTunesでの映画レンタルについて詳しくは以下をご覧ください。

iTunes Store から映画をレンタルする

映画

f_f_event_28_s128_f_event_28_0bg
先日10/17(土)に月島で開催された「人生を面白くする映画について語ろう会」の第2回に参加してきました。その内容を簡単にレポートしたいと思います。

世界ラリー選手権(WRC)

f_f_traffic_14_s128_f_traffic_14_2bg
今週からWRC 2015 第12戦ラリー スペイン ラリー・デ・エスパーニャが始まります。 開催拠点はスペイン北東のカタルーニャ地方、バルセロナの南にあるリゾート地、サロウ。ここはWRCカレンダーの中で唯一、グラベル(舗装されてない路面)とアスファルト(舗装されている路面)、2種類の異なる性質の道を走るイベントになっています。

注目は残り全部勝つ!と宣言して見事前戦フランスで勝利したフォルクスワーゲンのヤリマティ・ラトバラ選手が今回も優勝できるか、というところ。優勝決定後で気が抜けてしまったのか、地元フランスで良い結果を出せなかったチームメイトのセバスチャン・オジェ選手の巻き返しも見ものです。若手では、最近ヒュンダイと2018年までの長期契約を発表したハイデン・パドン選手がここでも勢いを見せてくれるのか期待したいところです。

ロバート・クビサ選手は今季の成績が不満なようで、来季は参戦どうしようかな〜なんて言い始めたので、ここで良い成績を出して機嫌を良くしてもらいたいです。

チャンピオンシップ争いが終了してしまいチーム移籍の噂話が聞こえてくるなど、なんとなく盛り上がってない感じですが、ここスペインそして最終戦イギリスと面白いコースを走るので最後まで応援し続けたいと思います。

社会

f_f_object_8_s128_f_object_8_2bg先月後半あたりから、ロシアによるシリア空爆、そしてトルコでのテロ爆破事件など、世界的に大きく報道されるニュースが続きました。ヨーロッパでの難民受け入れ問題に関心を持ってから、こういった一連の事件は全部繋がっているというのが見えてきました。難民問題の視点からこれらの事件について考えてみたいと思います。

映画

f_f_event_29_s128_f_event_29_1bg

iTunes今週の映画で「トランスポーター」が100円レンタル対象になっています。

フランクというプロの運び屋。彼の信条は時間厳守、秘密厳守。依頼品はどんなことがあっても必ず届ける腕利きの彼に舞い込んできた怪しげな依頼は、なんとトランクに入った女性!その秘密を知ってしまった彼は面倒な抗争に巻き込まれていきます。

今回の作品「トランスポーター」は、リュック・ベッソン監督とジェイソン・ステイサムさんのコンビによる作品かと思っていたら制作・脚本(ちょっとだけ監督もされているようです)という立場で、監督さんはルイ・レテリエさん、コリー・ユン(ユン・ケイ)さんのお2人でした。ルイさんは「インクレディブル・ハルク」などを手がけるフランスの監督さん。コリーさんは武術指導もされる方で、「エクスペンダブルズ」シリーズなどでも時折見られる、どこかカンフーっぽいジェイソンさんのアクションスタイルは彼の影響もあるのかもしれませんね。

ジェイソン・ステイサムさんといえば、リーアム・ニーソンと並んで「不運だけど絶対死なない人」代表みたいなイメージができてしまいましたが、彼を初めて見たのはこの映画だったような気がします。どこか優しそうでクールになりきれない雰囲気は、シリアスなのにちょっと笑える、そんな役にピッタリだと思いました。

派手なカーチェイス・アクションといえば「タクシー」や「ワイルド・スポード」などもありますが、前者はリュック・ベッソン監督が関わっていたり、後者はジェイソン・ステイサムさん出演してたりと紛らわしいような・・・。ま、こういうのが得意だし実績もある人たちだから、どんどん制作してくれるのは嬉しいところですけどね。

 

映画はApple iTunes storeからダウンロードできます。100円レンタルは通常水曜日から1週間の期間限定ですので、以下のリンク先にある「iTunesで見る」のボタンを押してレンタル価格を確認のうえ視聴してください。

トランスポーター(字幕版) – ルイ・レテリエ

トランスポーター(日本語吹替版) – ルイ・レテリエ

 

こちらの「映画レンタル200円以下特集」もまだまだ継続中です。また、ハロウィン期間中は「 ホラー映画レンタル100円特集」もやってますので、ぜひチェックしてみてください。

 

iTunesでの映画レンタルについて詳しくは以下をご覧ください。

iTunes Store から映画をレンタルする