世界ラリー選手権(WRC)

ココアパウダーがけのクラッシュアーモンド。ラリー・トルコの映像を見ていると、どうしても美味しそうに見えてしまう。そんなスイーツなイメージとは裏腹に走る環境としては最悪のデスレース。必ず誰かが犠牲になってしまうサバイバルでもあるのです。

映画

SPOTTED PRODUCTIONS

放課後に飲んだソーダ水の色をした、シュワシュワした思い出が記憶の中で輝いている。静かな映像はそれに目をくれず、心の底に手を伸ばしてかき混ぜる。置き去りにした過去がゆっくりと浮かび上がる。

F1世界選手権(Formula 1)

シャルル・ルクレールの存在が、弱いフェラーリの姿を猛々しい姿へと変えていく。だけど、ドライバーとチーム、それぞれの思惑はどこかちぐはぐで、とても脆く見える。そんな薄氷の上の勝利を手に入れたのは、チャンピオン争いの最適ルートからコースオフしてなかなか帰ってこれなかった人。

表彰台の真ん中に、おかえりなさい。

F1世界選手権(Formula 1)

シャルル・ルクレール。その名前からして優美。まだあどけなさの残る表情と爽やかスマイル、羨望のモナコ出身、ドライバーとしての類まれなる才能、他者の運命すら背負って戦う姿、ときおり醸し出すダークなオーラ。そして2019年シリーズに与えられたのは伝統の真紅のマシン。映画や小説でも敵わないくらいのパーフェクト王子様ステータス。

だけど彼は一日にして王になってしまわれました。

世界ラリー選手権(WRC)

Photo by Alex Gorbi on Unsplash

本音を言えば、今の1チーム3台体勢は好きじゃない。だけど、そのおかげでこんな光景が見られたと思えば悪くない。1位から3位まで全てが同じトヨタのドライバー。同じウェアを来た6人が表彰台に並ぶと、凄さよりも仲良し集合写真みたいで微笑ましかった。

F1世界選手権(Formula 1)

F1ベルギーGP
Photo by Pascal Richier on Unsplash

悲劇が起きた場所を、色とりどりのマシンが何度も何度も通り過ぎていった。始めは重い空気に飲まれるように、次第に思いを振り切るように。レースの残酷さと美しさが共存する不思議な光景に、僕は吸い込まれていった。

未分類

1シーズン16戦だったひと昔に比べ、今のF1は3月から12月までの約10ヶ月で21戦と開催数が増えました。参戦するチームは1戦ごとに移動してとっても大変だと思うんですよ。

F1って1シーズンにどれだけ移動しているんだろ?とふと疑問に思ったので調べてみました。

Kindle

Photo by Perfecto Capucine on Unsplash

毎日Amazonの電子書籍端末を持ち歩いていると「Kindleってそもそも何なの?」って聞かれることがあります。本のことなのかタブレットのことなのかわからないし、どれくらい便利なのかもわからない。購入した権利がどうなってるかも不安だし、だからちょっと怖くて手が出せないって方は意外と多いのかもしれません。

そこで、今更だけどKindleってなんなの?という点を説明したいと思います。

映画

ドッグマン
(C)2018 Archimede srl – Le Pacte sas

先日、cocoさんの試写会で鑑賞させていただいた 『ドックマン』 が本日8月23日から公開です。なんとも不気味で後味も最悪、なのに最後は感覚が麻痺して逆に気持ち良くなってしまう、得体の知れない力を持った作品でした。

いやでもこれ、今の社会そのものじゃないか。

世界ラリー選手権(WRC)

Photo by Saltiola Experience on Unsplash

ラトバラさん、頑張って!その言葉を口にすれば、いつものように何かが起こってしまいそうで怖かった。だから手を合わせて最後の1秒まで無言で祈った。本当に、最後の1秒までどうなるかわからない人だから。